機能 ショートカットキー
リファレンス(参考URL)一覧へ移動 R
記事URLをMarkDownとしてコピー Ctrl+M
前のコードタグへ移動 Ctrl+←
次のコードタグへ移動 Ctrl+→
ヘルプを表示・非表示 H
Tips
- ショートカットキーは記事上で有効です。ヘッダー/フッター付近では機能しないことがあります。
- コードタグ移動機能がうまく動かないときは、Shift+F5でページを更新してみてください。
- このウィンドウを閉じるには、Hキーをもう一度押してください

bootstrapをwordpressの賢威(クール)で使う[自分用メモ]

プログラミング

wordpressにbootstrapを追加する

プログラミング

テーマを変更したくない。
賢威テーマのheader.phpに追記する。

wordpressテーマディレクトリにFTPで追加する
bootstrap.min.css

header.phpに追記して読み込ませる。
<link href="<?php echo get_template_directory_uri(); ?>/bootstrap.min.css" rel="stylesheet">

賢威に追加したい

プログラミング

賢威はわかる人にはわかるSEOテンプレート。この機能をぜひ残したまま使いたい。
だが競合問題などもある。

そこで現バージョンでの、最低限の書き換えの一例をメモしておく。

賢威クール版に導入する

プログラミング

最低限のセッティング

ファイルを編集する前に、ローカル環境に変更前ファイルを保存しておくこと。

base.css

以下を削除する

blockquote:before
blockquote:after

既存コードを以下に変更する

.site-title{
    /*text-align:center; yui*/
    text-align: left;
    margin: 0 auto;
    font-size: 2.25em;
}

.site-header-conts{
    width: 100%;
    padding: 10px 0 10px;
    /*padding: 60px 0 40px; yui*/
}

rwd.css

既存コードを以下に訂正

    .site-header-in{
        position: relative;
        padding-bottom: 0em;
        /*padding-bottom: 1em; yui*/
    }

    .site-header-conts{
        padding-bottom: 0px;
    }

以下を追加
.main-body-in{
    padding-top:0px;
}

※めちゃくちゃガバガバです。自分用メモなので期待しないでください。ローカルバッグアップは絶対してください。

この記事で欲しい情報が見つからなかった方へ

この記事の更新情報がある場合があります。
この記事は以下の記事とも関連性があると思われます。

WordPressブログを雛形だけコピーしてポートフォリオに加える方法
WordPressにSNSシェアボタンを実装しました [メタ]
WP-CLIでサイトアドレスとWordPress アドレスのURLをSSH経由で変更
SQLでWordPressの記事ごとのメタタグ(メタキーワード)を簡単に確認/編集する
SQLでWordPressの記事を正規表現検索してMarkDown形式にする – 簡単にWordPressブログの記事リンクを取得する方法
WordPress URLによって404ページの内容を変更する
SQLでWordPressで非公開の記事を特定して対処する


管理人の方針で、既存の記事の編集はせず、新しい情報や大きな既存情報の更新があった場合には、新しい記事として公開することになっています。
当記事で欲しい情報が見つからなかった・解決に至らなかった場合、これらのリンクがお役に立てるかも知れません。

どうやってこの関連記事を生成しているの?
この機能のPHPソースコード(2500行)

コメントを残す

Close Menu