機能 ショートカットキー
リファレンス(参考URL)一覧へ移動 R
記事URLをMarkDownとしてコピー Ctrl+M
前のコードタグへ移動 Ctrl+←
次のコードタグへ移動 Ctrl+→
ヘルプを表示・非表示 H
Tips
- ショートカットキーは記事上で有効です。ヘッダー/フッター付近では機能しないことがあります。
- コードタグ移動機能がうまく動かないときは、Shift+F5でページを更新してみてください。
- このウィンドウを閉じるには、Hキーをもう一度押してください

Powershell: メソッドで特定の要素を整形して出力する方法

プログラミング

数ヶ月経ってやり方忘れてて苦戦したので改めてメモ.
Powershellで出力される情報は汚いんだけど,整形することができる.

  • 用途の例

-pythonがインストールされているか確認し,同時にバージョンを出力
$var=Get-Command python ; $var=$var.Version ; “”+$var.Major+’.’+$var.Minor

-ruby がインストールされているか確認し,同時にバージョンを出力
$var=Get-Command ruby ; $var=$var.Version ; “”+$var.Major+’.’+$var.Minor

-日付をフォーマッティングして出力
PS C:> $var = Get-Date ; $DATE=””+$var.year+$var.month+$var.day+$var.hour+$var.minute+$var.second
PS C:> $var = Get-Date ; $today=””+$var.year+’-‘+$var.month+’-‘+$var.day
PS C:> echo $var $DATE $today

2017年7月13日 2:24:25
201771322421
2017-7-13

  • pwdの例

備考:pwdに関しては特例で,変数がそのまま使えるので$pwd.Pathで同じ出力が得られる.

PS C:\> pwd

Path
----
C:\


PS C:\> pwd.Path
pwd.Path : 用語 'pwd.Path' は、コマンドレット、関数、スクリプト ファイル、または操作可能なプログラムの名前として認識されません。名前が正しく記述されていることを確認し、パスが含まれている場合はそのパスが正しいことを確認してから、再試行して
ください。
発生場所 行:1 文字:1
+ pwd.Path
+ ~~~~~~~~
    + CategoryInfo          : ObjectNotFound: (pwd.Path:String) [], CommandNotFoundException
    + FullyQualifiedErrorId : CommandNotFoundException

PS C:\> $var=pwd ; $var.Path
C:\

この記事で欲しい情報が見つからなかった方へ

この記事の更新情報がある場合があります。
この記事は以下の記事とも関連性があると思われます。

Powershellで出力を改行する
WSL bashでpowershellに絶対パスのファイルを渡して開く方法
PsExecでPowershell経由でリモートからWindowsのアプリを起動/実行する
PowershellでBashのhistoryコマンド
Powershellで標準出力のヘッダー部分を取り除くには
powershellでコマンドをバッググラウンド実行するには
powershellスクリプトを実行すると文字化けする


管理人の方針で、既存の記事の編集はせず、新しい情報や大きな既存情報の更新があった場合には、新しい記事として公開することになっています。
当記事で欲しい情報が見つからなかった・解決に至らなかった場合、これらのリンクがお役に立てるかも知れません。

どうやってこの関連記事を生成しているの?
この機能のPHPソースコード(2500行)

コメントを残す

Close Menu