機能 ショートカットキー
リファレンス(参考URL)一覧へ移動 R
記事URLをMarkDownとしてコピー Ctrl+M
前のコードタグへ移動 Ctrl+←
次のコードタグへ移動 Ctrl+→
ヘルプを表示・非表示 H
Tips
- ショートカットキーは記事上で有効です。ヘッダー/フッター付近では機能しないことがあります。
- コードタグ移動機能がうまく動かないときは、Shift+F5でページを更新してみてください。
- このウィンドウを閉じるには、Hキーをもう一度押してください

wordpressをデータや設定を保ちつつ安全にバックアップする

プログラミング

wordpressをデータや設定を保ちつつ安全にバックアップする

プラグイン設定のバックアップ or エクスポート or メモ

プログラミング

All in one seo pack などの設定も消えてしまうので,復元できるようにしておきたい.
特に,”google search console”のhtmlタグなんかは,再度確認/認証するのは地味に怠い.

データベースを新しく作る

プログラミング

サーバーのマネージャーにて,新しいMysqlデータベースを作成する.
(これはクリーンインストールという意味での作業過程だと思うので,面倒だったらやらなくていいのかも)

コンテンツのバックアップ

プログラミング

ツール > エクスポート > 全てのコンテンツ をダウンロード.
これが記事(データベース)のデータになる.

各データフォルダ/ファイルのバックアップ

プログラミング
  • wp-content, wp-config.php,
    plugin,theme, 画像ファイルなどが入っている.
    FTPやSSHで作業する.

以下,SSHでの一例.

cd <Your domain>/public_html
mkdir ~/backup
cp -r wp-content ~/backup/
cp wp-config.php ~/backup/

# * wget などでwordpressをDLし解凍.
# * `wp core config`などで"wp-config.php"を作成 ( 先程作成したmysqlデータベースを使用する. )

cp ~/backup/wp-content .

ブラウザで確認

プログラミング

ブラウザでwordpressをインストールし,成功したら,

  • 既存記事の削除
    • サンプルページの削除
    • hello world の削除
  • ツール > インポート > wordpress で先程エクスポートした.xmlファイルをアップロード.また,[添付ファイルの読み込み]のチェックボックスをオンにする
  • 設定 > 一般 キャッチフレーズ etc
  • 外観 メニュー, ウィジェット etc
  • plugins (自分の場合)
    • 有効にする
    • all in one seo pack
    • jetpack
    • PS Auto Sitemap
  • theme
    • 有効にする

ざっと初期設定を済ませる.

References:
http://www.wpbeginner.com/wp-tutorials/how-to-uninstall-and-reinstall-wordpress/


あんまり,やりたくない作業だった.もうやりたくない…


バグの解消について

プログラミング

不具合も無事解消された.以下のような感じ.

  • before

バックアップ前
バックアップ前

  • after

バックアップ後
バックアップ後

この記事で欲しい情報が見つからなかった方へ

この記事の更新情報がある場合があります。
この記事は以下の記事とも関連性があると思われます。

WordPressブログを雛形だけコピーしてポートフォリオに加える方法
WordPressにSNSシェアボタンを実装しました [メタ]
WP-CLIでサイトアドレスとWordPress アドレスのURLをSSH経由で変更
SQLでWordPressの記事ごとのメタタグ(メタキーワード)を簡単に確認/編集する
SQLでWordPressの記事を正規表現検索してMarkDown形式にする – 簡単にWordPressブログの記事リンクを取得する方法
WordPress URLによって404ページの内容を変更する
SQLでWordPressで非公開の記事を特定して対処する


管理人の方針で、既存の記事の編集はせず、新しい情報や大きな既存情報の更新があった場合には、新しい記事として公開することになっています。
当記事で欲しい情報が見つからなかった・解決に至らなかった場合、これらのリンクがお役に立てるかも知れません。

どうやってこの関連記事を生成しているの?
この機能のPHPソースコード(2500行)

コメントを残す

Close Menu