機能 ショートカットキー
リファレンス(参考URL)一覧へ移動 R
記事URLをMarkDownとしてコピー Ctrl+M
前のコードタグへ移動 Ctrl+←
次のコードタグへ移動 Ctrl+→
ヘルプを表示・非表示 H
Tips
- ショートカットキーは記事上で有効です。ヘッダー/フッター付近では機能しないことがあります。
- コードタグ移動機能がうまく動かないときは、Shift+F5でページを更新してみてください。
- このウィンドウを閉じるには、Hキーをもう一度押してください

wordpressでJavaScriptやCSSファイルを読み込ませたい

プログラミング

wordpressでJavaScriptやCSSファイルを読み込ませたい事があると思います。
そんな時は、以下のようにget_stylesheet_directory_uriを使うと便利です。

【JavaScript】

※親テーマの場合


※子テーマの場合


【CSS】

※親テーマの場合

/css/読み込ませたファイル名”>
※子テーマの場合 /css/読み込ませたファイル名”>

子テーマのjsフォルダにある3つのファイルを読み込ませたいとします。

<!-- particles.js -->

  <div id="particles-js"></div>

  <script type="text/javascript" src="<?php echo get_stylesheet_directory_uri(); ?>/js/app.js"></script>
  <script type="text/javascript" src="<?php echo get_stylesheet_directory_uri(); ?>/js/particles.js"></script>
  <script type="text/javascript" src="<?php echo get_stylesheet_directory_uri(); ?>/js/lib/stats.js"></script>

  ```
これは、実際には以下のようになります。



“`
これをに読み込ませたい場合も、に読み込ませたい場合も、header.phpに記載します。
子テーマに親テーマのheader.phpをコピーして、それを編集します。

CSSを読み込ませたい場合も、やり方はほとんど同じです。

この記事で欲しい情報が見つからなかった方へ

この記事の更新情報がある場合があります。
この記事は以下の記事とも関連性があると思われます。

JavaScriptの正規表現マッチでグループマッチを取り出すには
ISO-8601 のデータフォーマットでJavaScriptで時刻を出力するには
JavaScriptでURLエスケープ
JavascriptでHTTP GET
JavaScript 非表示パスワードを表示する ブックマークレット
URLからクエリストリングを削除するJavaScriptを書いた
Webページのリダイレクト速度比較 HTML vs JavaScript vs .htaccess


管理人の方針で、既存の記事の編集はせず、新しい情報や大きな既存情報の更新があった場合には、新しい記事として公開することになっています。
当記事で欲しい情報が見つからなかった・解決に至らなかった場合、これらのリンクがお役に立てるかも知れません。

どうやってこの関連記事を生成しているの?
この機能のPHPソースコード(2500行)

コメントを残す

Close Menu