機能 ショートカットキー
リファレンス(参考URL)一覧へ移動 R
記事URLをMarkDownとしてコピー Ctrl+M
前のコードタグへ移動 Ctrl+←
次のコードタグへ移動 Ctrl+→
ヘルプを表示・非表示 H
Tips
- ショートカットキーは記事上で有効です。ヘッダー/フッター付近では機能しないことがあります。
- コードタグ移動機能がうまく動かないときは、Shift+F5でページを更新してみてください。
- このウィンドウを閉じるには、Hキーをもう一度押してください

サイトの背景をparticles.jsを使っていい感じにカスタマイズする

AD

プログラミング

particles.jsを使うと、以下のような動く背景を実装できます。

particles.js backgrounds

簡単に実装するには、以下のコードをheader.phpのbodyタグ内に貼り付けてください。
<div id="particles-js"></div>をスクリプトの読み込みより先に記述しておくのがキモです。これができてないと動きません。


<div id="particles-js"></div> <link rel="stylesheet" href="https://yuis.xsrv.jp/cdn/css/particles_js/main.css"> <script src="https://cdn.jsdelivr.net/npm/particles.js@2.0.0/particles.min.js"></script> <script src="https://yuis.xsrv.jp/cdn/js/particles_js/app.js"></script>

ちなみに、app.jsとmain.cssは以下のようなコードになっています。

main.css

#particles-js{
    position: fixed;
  width: 100%;
  height: 100%;
  z-index: -1;
}

app.js



particlesJS("particles-js", { "particles": { "number": { "value": 80, "density": { "enable": true, "value_area": 800 } }, "color": { "value": "#000000" }, "shape": { "type": "circle", "stroke": { "width": 0, "color": "#fff" }, "polygon": { "nb_sides": 5 }, "image": { "src": "img/github.svg", "width": 100, "height": 100 } }, "opacity": { "value": 0.5, "random": false, "anim": { "enable": false, "speed": 1, "opacity_min": 0.1, "sync": false } }, "size": { "value": 2, "random": true, "anim": { "enable": false, "speed": 40, "size_min": 0.1, "sync": false } }, "line_linked": { "enable": true, "distance": 150, "color": "#000000", "opacity": 0.4, "width": 1 }, "move": { "enable": true, "speed": 2, "direction": "none", "random": false, "straight": false, "out_mode": "out", "bounce": false, "attract": { "enable": false, "rotateX": 600, "rotateY": 1200 } } }, "interactivity": { "detect_on": "canvas", "events": { "onhover": { "enable": true, "mode": "grab" }, "onclick": { "enable": true, "mode": "push" }, "resize": true }, "modes": { "grab": { "distance": 150, "line_linked": { "opacity": 1 } }, "bubble": { "distance": 400, "size": 40, "duration": 2, "opacity": 8, "speed": 3 }, "repulse": { "distance": 200, "duration": 0.4 }, "push": { "particles_nb": 4 }, "remove": { "particles_nb": 2 } } }, "retina_detect": true }); requestAnimationFrame();

z-indexについて

プログラミング

z-indexがついていないので、マウスオーバーをしてもparticles.jsが反応してくれません。
だからといって、z-indexをプラスにしてしまうと、サイト上の様々なリンクなどをクリックすることができなくなってしまいます。
particles.jsの最大の特徴であるマウスオーバーによるアクションが楽しめないのは残念ですが、z-indexは低くしておいたほうが後々バグも少ないかと思います。

SPONSOR

オンラインブートキャンプ全12コースの「ウケ放題」 AD

コメントを残す

Close Menu