機能 ショートカットキー
リファレンス(参考URL)一覧へ移動 R
記事URLをMarkDownとしてコピー Ctrl+M
前のコードタグへ移動 Ctrl+←
次のコードタグへ移動 Ctrl+→
ヘルプを表示・非表示 H
Tips
- ショートカットキーは記事上で有効です。ヘッダー/フッター付近では機能しないことがあります。
- コードタグ移動機能がうまく動かないときは、Shift+F5でページを更新してみてください。
- このウィンドウを閉じるには、Hキーをもう一度押してください

コピペできないサイトをJavaScriptを無効にしないでコピペできるようにする方法

プログラミング

コピペできないようになっているサイト、最近多いですよね。
コピペできないとNAVERまとめなどにも乗れないので、アクセスが減る傾向にある、というデータもあるそうですが、零細ブロガーの僕には
真偽はわかりません。

コピペできないサイトをコピペできるようにする方法をして、JavaScript自体を無効にしてしまおう、という方法がメジャーみたいですが、これ、わざわざ設定開いて無効にする、って不便ですよね。
最近ではフォームの”次へ”がJavaScriptで作られているケースが多いです。JavaScriptを無効にしているとこういうところでいちいち有効にしないといけません。

そんな面倒なことをしなくても、ワンクリックでコピペできないサイトでコピペできるようにする方法があります。
それは、ブックマークレットです。

ブックマークレットとは

コピペできないサイトをコピペできるようにするJavaScript

プログラミング

以下のJavaScriptのブックマークレットを使えば、いつでもワンクリックでコピペできないサイトをコピペできるようにできます。

javascript:var f=function(){return true};var evs="beforecopy beforecut click contextmenu copy dragstart mousedown mouseup selectstart".split(" ");var props="userSelect MozUserSelect MsUserSelect WebkitUserSelect".split(" ");function replace_events(elem){for(var i=0;i<evs.length;i++){elem["on"+evs[i]]=f()}if(elem.style){for(var i=0;i<props.length;i++){elem.style[props[i]]=""}}}var elems=document.getElementsByTagName("*");for(var i=0;i<elems.length;i++){replace_events(elems[i])}replace_events(document);

ソースはこちら

本当にコピペできないサイトでコピペできるようにできるかのテストはこちらのサイトさんででもテストしてみてください。

この記事で欲しい情報が見つからなかった方へ

この記事の更新情報がある場合があります。
この記事は以下の記事とも関連性があると思われます。

JavaScriptの正規表現マッチでグループマッチを取り出すには
ISO-8601 のデータフォーマットでJavaScriptで時刻を出力するには
JavaScriptでURLエスケープ
JavascriptでHTTP GET
JavaScript 非表示パスワードを表示する ブックマークレット
URLからクエリストリングを削除するJavaScriptを書いた
Webページのリダイレクト速度比較 HTML vs JavaScript vs .htaccess


管理人の方針で、既存の記事の編集はせず、新しい情報や大きな既存情報の更新があった場合には、新しい記事として公開することになっています。
当記事で欲しい情報が見つからなかった・解決に至らなかった場合、これらのリンクがお役に立てるかも知れません。

どうやってこの関連記事を生成しているの?
この機能のPHPソースコード(2500行)

コメントを残す

Close Menu