機能 ショートカットキー
リファレンス(参考URL)一覧へ移動 R
記事URLをMarkDownとしてコピー Ctrl+M
前のコードタグへ移動 Ctrl+←
次のコードタグへ移動 Ctrl+→
ヘルプを表示・非表示 H
Tips
- ショートカットキーは記事上で有効です。ヘッダー/フッター付近では機能しないことがあります。
- コードタグ移動機能がうまく動かないときは、Shift+F5でページを更新してみてください。
- このウィンドウを閉じるには、Hキーをもう一度押してください

“. s”だけでリモートサーバーにSSH接続する

プログラミング

僕はよくWordPressの更新をしたり、サイトのデザインの更新、PHPの更新をするのにSSHでレンタルサーバーの エックスサーバー に接続したりしています。

のですが、この時、ssh -R 52698:localhost:52698 -p 10022 -i ~/.ssh/yuis.key yuis@sv2031.xserver.jpと毎回入力するのは手間ですよね?

そんな時はシェルスクリプトでショートカットしましょう。

僕は. ~/lib/xservでxserverにログインできるようにしています。

中身は、こうなっています。

$ cat ~/lib/xserv
ssh -R 52698:localhost:52698 -p 10022 -i ~/.ssh/yuis.key yuis@sv2031.xserver.jp

これだけでだいぶ楽になりますよね。

もっと効率的な方法として、.bashrcにcd ~/libとしておいて、libフォルダにsファイルを作る、などしておけば、ターミナルを開いた瞬間に. sでコマンドが実行できます。

単純なことなんですが、対記憶喪失備忘録として残しておきます。

よく使うコマンドなんかは、こんな風にショートカットできるようにしておくと良いかなと思います。

おまけ

プログラミング

おまけに、もう一つ僕がやってる便利な小技をお教えします。

僕は基本的にデザインを変更したりするのはメインのブログだけなので、サーバーにログインしてから毎度そのブログの公開ディレクトリ、もっといえば、子テーマディレクトリに移動する必要があるわけです。

そこで、これ。

[yuis@sv2031 ~]$ . s
[yuis@sv2031 haminfubard-child]$

レンタルサーバーにログインした直後、. sで子テーマディレクトリに移動します。このあと、rmate /temp/hogehoge.phpみたいにすれば早速作業に入れますよね。

では、中身はどうなっているか。

[yuis@sv2031 ~]$ cat s
cd $fuumin_net/wp-content/themes/haminfubard-child

これだけです。

当たり前すぎてなんだかぎこちないですが、これが結構便利で。

いつもSSHでWordPressのファイルの更新してるよーって人にはおすすめの小技です。

(これ書いてから思ったのですが.bashrcに書くって方法もありますね。)

この記事で欲しい情報が見つからなかった方へ

この記事の更新情報がある場合があります。
この記事は以下の記事とも関連性があると思われます。

WP-CLIでサイトアドレスとWordPress アドレスのURLをSSH経由で変更
Ubuntu(or 以外)からWindowsへSSH
Linux/ubuntu SSH経由でリモートリーにGUIソフトウェアを開く
virtualboxのkali linuxでSSHフォワーディング及びファイル共有ができなかった件
virtualboxで共有フォルダ/ポートフォワーディング/SSHフォワーディングを設定してホスト完結のRails開発環境を構築しよう
SSHでのrsyncをcronとexpectを使って完全に自動化する
rsyncを使ってSSH経由でリモートサーバーにフォルダやファイルを再帰的にアップロードする


管理人の方針で、既存の記事の編集はせず、新しい情報や大きな既存情報の更新があった場合には、新しい記事として公開することになっています。
当記事で欲しい情報が見つからなかった・解決に至らなかった場合、これらのリンクがお役に立てるかも知れません。

どうやってこの関連記事を生成しているの?
この機能のPHPソースコード(2500行)

コメントを残す

Close Menu