機能 ショートカットキー
リファレンス(参考URL)一覧へ移動 R
記事URLをMarkDownとしてコピー Ctrl+M
前のコードタグへ移動 Ctrl+←
次のコードタグへ移動 Ctrl+→
ヘルプを表示・非表示 H
Tips
- ショートカットキーは記事上で有効です。ヘッダー/フッター付近では機能しないことがあります。
- コードタグ移動機能がうまく動かないときは、Shift+F5でページを更新してみてください。
- このウィンドウを閉じるには、Hキーをもう一度押してください

WordPressプラグインのインストール 有効化 停止 を効率化する

プログラミング

皆さんはWordPressプラグインのインストールとか有効化ってどうやってるでしょうか。

僕はというと、はじめは当然、管理画面からやっておりました。

ここですね↓
管理画面

でも、これってすごい面倒ですよね。

いちいちプラグインを検索して、インストールボタンを押して、待機して、有効化して…
ページに行くのに10秒、一つのプラグインを有効化するのに10秒かかります。

新規サイトを立ち上げて、20個位のプラグインを有効化までしようと思ったら、5分以上かかります。これが何個もあったら…

これよりも効率的な方法があります。

それは、”FTP”でのアップロードです。

FTPを使ってプラグインをインストールする

プログラミング

FFFTPなどのソフトを使用して、FTPでプラグインを、/wp-content/pluginsにまとめて入れます。

プラグインは、WordPress公式のプラグインディレクトリから、zip形式でダウンロードできます。

で、管理画面に行ってプラグインを全部選択し、まとめて有効化をします。

メリットは、手動で面倒な作業をする必要がないこと。
デメリットは、

  • パッケージを予めダウンロードしておく必要がある
  • アップロードに長時間かかる
  • 有効化は手作業

ここまでは知っている方も多いかと思います。

でも、これよりも効率的な方法もあります。

SSHを使ってプラグインをインストール/有効化/停止する

プログラミング

それは、SSHのwpコマンドを使用する方法です。

wpコマンドを使用すれば、

短時間
用意するのはシェルスクリプトだけ
有効化/停止/削除が自由自在

です。

以下は、wpコマンドの例です。

プラグインをインストールし、有効化します。

wp plugin install bottom-of-every-post
wp plugin install crayon-syntax-highlighter
wp plugin install markdown-on-save-improved
wp plugin install ps-auto-sitemap
wp plugin install pubsubhubbub
wp plugin install table-of-contents-plus
wp plugin install backwpup
wp plugin install wordpress-importer

wp plugin activate --all

ウィジェットの操作もできます。

# wp widget deactivate meta-2
# wp widget deactivate search-2
# wp widget deactivate recent-posts-2
# wp widget deactivate recent-comments-2
# wp widget deactivate archives-2
# wp widget deactivate categories-2

記事の新規追加も。

wp post create --post_type=page --post_title="sitemap" --post_content='<!-- SITEMAP CONTENT REPLACE POINT -->'

WordPressユーザーであればSSHでのwpコマンドの使い方を覚えておいても損はないかと思います。
ぜひ使いこなしてみてください。

この記事で欲しい情報が見つからなかった方へ

この記事の更新情報がある場合があります。
この記事は以下の記事とも関連性があると思われます。

WordPressブログを雛形だけコピーしてポートフォリオに加える方法
WordPressにSNSシェアボタンを実装しました [メタ]
WP-CLIでサイトアドレスとWordPress アドレスのURLをSSH経由で変更
SQLでWordPressの記事ごとのメタタグ(メタキーワード)を簡単に確認/編集する
SQLでWordPressの記事を正規表現検索してMarkDown形式にする – 簡単にWordPressブログの記事リンクを取得する方法
WordPress URLによって404ページの内容を変更する
SQLでWordPressで非公開の記事を特定して対処する


管理人の方針で、既存の記事の編集はせず、新しい情報や大きな既存情報の更新があった場合には、新しい記事として公開することになっています。
当記事で欲しい情報が見つからなかった・解決に至らなかった場合、これらのリンクがお役に立てるかも知れません。

どうやってこの関連記事を生成しているの?
この機能のPHPソースコード(2500行)

コメントを残す

Close Menu