機能 ショートカットキー
リファレンス(参考URL)一覧へ移動 R
記事URLをMarkDownとしてコピー Ctrl+M
前のコードタグへ移動 Ctrl+←
次のコードタグへ移動 Ctrl+→
ヘルプを表示・非表示 H
Tips
- ショートカットキーは記事上で有効です。ヘッダー/フッター付近では機能しないことがあります。
- コードタグ移動機能がうまく動かないときは、Shift+F5でページを更新してみてください。
- このウィンドウを閉じるには、Hキーをもう一度押してください

Apacheで.htaccessを使ってBasic認証(パスワード)を設定する

プログラミング

.htaccessを作成し、以下を記述。
AuthUserfileを、公開ディレクトリのルートディレクトリに書き換えてください。
.htpasswdはあとで生成します。

# Basic認証

AuthUserfile /home/yuis/yuis.xsrv.jp/public_html/.htpasswd
AuthGroupfile /dev/null
AuthName "Enter username and password."
AuthType Basic
require valid-user

.htpasswdを生成する

プログラミング

.htpasswdという、パスワード情報が記載されたファイルを生成します。
僕はここで小一時間ハマったのですが、このファイルは、単に書けばいいというわけではなく、
コマンドで生成して上げる必要があります。

まぁつまり、

cat << EOT >> .htpasswd
username:password

みたいに手動でファイルを作成して、ユーザー名とパスワードを書くのは意味ないんですね。

僕はセキュリティとか知らないので直接作成してあげるものとばかり思っていましたが、コマンドで生成して上げる必要があるってことです。

では、.htpasswdの作り方。

# cd で公開ディレクトリのルートディレクトリへ移動。
cd  /home/yuis/yuis.xsrv.jp/public_html/

# パスワードを生成。
# パスワードが見えてしまうので注意。
# htpasswd -b -c .htpasswd [ユーザー名] [パスワード]
htpasswd -b -c .htpasswd yuis password
# or
# 一般的な生成方法
htpasswd -c .htpasswd yuis

これで、/home/yuis/yuis.xsrv.jp/public_html/.htpasswdが生成できたわけで、このファイルは先程のAuthUserfile、パスワードを設置したいディレクトリの.htaccessで指定されているので、
準備はできました。

では、実際にページにアクセスして検証してみましょう。

https://i.imgur.com/xJ5OWFG.png

こんな感じで、パスワードとユーザー名を要求されます。

先程のユーザー名とパスワードを入力して…

表示されましたでしょうか。

500 internal server errorが出た場合は、何かが間違っているということらしいですので、色々見直してみてください。

参考

プログラミング

https://qiita.com/yuwaita/items/e406c645ae8d0cc3c3fa
http://www.umin.ac.jp/hp-coordinator/man/htaccess.html

この記事で欲しい情報が見つからなかった方へ

この記事の更新情報がある場合があります。
この記事は以下の記事とも関連性があると思われます。

Ubuntu 16.04にApacheでPHP7.0のローカル開発環境を構築
apache Index of /cdn/music のように、ディレクトリ階層 を表示したい場合
Apacheのファイル一覧(Index of)で文字化けを起こさないようにする


管理人の方針で、既存の記事の編集はせず、新しい情報や大きな既存情報の更新があった場合には、新しい記事として公開することになっています。
当記事で欲しい情報が見つからなかった・解決に至らなかった場合、これらのリンクがお役に立てるかも知れません。

どうやってこの関連記事を生成しているの?
この機能のPHPソースコード(2500行)

コメントを残す

Close Menu