機能 ショートカットキー
リファレンス(参考URL)一覧へ移動 R
記事URLをMarkDownとしてコピー Ctrl+M
前のコードタグへ移動 Ctrl+←
次のコードタグへ移動 Ctrl+→
ヘルプを表示・非表示 H
Tips
- ショートカットキーは記事上で有効です。ヘッダー/フッター付近では機能しないことがあります。
- コードタグ移動機能がうまく動かないときは、Shift+F5でページを更新してみてください。
- このウィンドウを閉じるには、Hキーをもう一度押してください

rails g でファイルの上書きがされないように注意しよう

プログラミング
Overwrite C:/pg/RAILS/dev___/app/controllers/dev_controller.rb? (enter "h" for help) [Ynaqdh] h
        Y - yes, overwrite
        n - no, do not overwrite
        a - all, overwrite this and all others
        q - quit, abort
        d - diff, show the differences between the old and the new
        h - help, show this help
Overwrite C:/pg/RAILS/dev___/app/controllers/dev_controller.rb? (enter "h" for help) [Ynaqdh] Y
       force  app/controllers/dev_controller.rb
       route  get 'dev/create'
get 'dev/update'
      invoke  erb
       exist    app/views/dev
      create    app/views/dev/create.html.erb
      create    app/views/dev/update.html.erb
      invoke  test_unit
    conflict    test/controllers/dev_controller_test.rb
  Overwrite C:/pg/RAILS/dev___/test/controllers/dev_controller_test.rb? (enter "h" for help) [Ynaqdh] Y
       force    test/controllers/dev_controller_test.rb
      invoke  helper
   identical    app/helpers/dev_helper.rb
      invoke    test_unit
      invoke  assets
      invoke    coffee
   identical      app/assets/javascripts/dev.coffee
      invoke    scss
   identical      app/assets/stylesheets/dev.scss

それぞれの英単語の意味。

identical, 同一の
exist, 存在する
invoke, 呼び出す
conflict, 競合している
force, 強制的に
create, 作成

ここで注意したいのが、forceです。

forceと表示されているファイルは、上書きされたものになります。

上書きということは、それまでに書いていたコードが消えるっていうことなので、まじで気をつけないといけません。

といっても、forceの前には、overwirteしますか?という確認がされるので、ここでちゃんと英語を読んでれば避けられることでもあります。

基本的には、nでいいかと思いますが、気になるのであれば、dで差分を見ることもできるようです。

この記事で欲しい情報が見つからなかった方へ

この記事の更新情報がある場合があります。
この記事は以下の記事とも関連性があると思われます。

Ubuntu 16.04 Rails 5にpostgresSQLをセットアップ
RailsのpostgreSQLにローカルネットワーク(LAN/外部)から接続したい
Rails 5 現在のビューの絶対パス/相対パスを出力
Rails 5 Missing host to link to! Please provide the :host parameter, set default_url_options[:host], or set :only_path to true
Rails Ahoy
Railsで挫折しないためのRailsの学習の進め方
Rails ポート3000以外でサーバーを実行`rails s`したい


管理人の方針で、既存の記事の編集はせず、新しい情報や大きな既存情報の更新があった場合には、新しい記事として公開することになっています。
当記事で欲しい情報が見つからなかった・解決に至らなかった場合、これらのリンクがお役に立てるかも知れません。

どうやってこの関連記事を生成しているの?
この機能のPHPソースコード(2500行)

コメントを残す

Close Menu