機能 ショートカットキー
リファレンス(参考URL)一覧へ移動 R
記事URLをMarkDownとしてコピー Ctrl+M
前のコードタグへ移動 Ctrl+←
次のコードタグへ移動 Ctrl+→
ヘルプを表示・非表示 H
Tips
- ショートカットキーは記事上で有効です。ヘッダー/フッター付近では機能しないことがあります。
- コードタグ移動機能がうまく動かないときは、Shift+F5でページを更新してみてください。
- このウィンドウを閉じるには、Hキーをもう一度押してください

RailsでGemを追加して使用する方法

AD

プログラミング

基本的なことだけどしばらく使っていないと忘れがちなのでメモ。

gemを追加して有効化する流れは、以下。

  1. Gemfileに追記する。e.g.gem 'sqlite3'
  2. bundle installをする

gemによっては、ここから更にやることがあったりするものもありますが、gemを有効化すること自体は、この流れです。

gem GEM_NAMEを書く場所について

プログラミング

常に使うようなGemや、クライアントサイドのUIに直接影響を与えるようなGem、モデルやコントローラーに関わるようなGemなんかは、Gemfileのgroupメソッドに囲まれていないところに配置します。
railsやsqlite3なんかがそういう重要な類のGemです。

rails cの出力を見やすくするgem、hirbなんかは、:productで使用する必要がないし、むしろ無駄なエラーを防ぐためにも無駄なgemは入れておくべきではないです。
なので、以下のように、:developmentの開発環境下でのみ有効になるようにします。

group :development, :test do
  # Call 'byebug' anywhere in the code to stop execution and get a debugger console
  gem 'byebug', platforms: [:mri, :mingw, :x64_mingw]
  gem 'hirb'         # モデルの出力結果を表形式で表示するGem
  gem 'hirb-unicode' # 日本語などマルチバイト文字の出力時の出力結果のずれに対応

end

SPONSOR

オンラインブートキャンプ全12コースの「ウケ放題」 AD

コメントを残す

Close Menu