機能 ショートカットキー
リファレンス(参考URL)一覧へ移動 R
記事URLをMarkDownとしてコピー Ctrl+M
前のコードタグへ移動 Ctrl+←
次のコードタグへ移動 Ctrl+→
ヘルプを表示・非表示 H
Tips
- ショートカットキーは記事上で有効です。ヘッダー/フッター付近では機能しないことがあります。
- コードタグ移動機能がうまく動かないときは、Shift+F5でページを更新してみてください。
- このウィンドウを閉じるには、Hキーをもう一度押してください

WSLのbashからWindowsの実行ファイルを実行する

AD

プログラミング

通常、WSLではwindowsアプリケーションを起動することが可能です。可能になりました。

$ explorer.exe .
$ calc.exe

しかし、
autohotkeyなど、一部のソフトウェアでは、エラーが出てしまったりすることもあるようです。

script file not found.

解決法を考えた結果、以下のコマンドで可能であることが分かりました。

cmd.exe /C "C:\Program Files\AutoHotkey\AutoHotkeyU64.exe" C:/pg/autohotkey/your_script.ahk

次のようなエラーが出てしまう場合、おそらく、C:と書かなければいけない部分を、/mnt/のように書いてしまっているのではないでしょうか。

The system cannot find the path specified.

また、このコードだと、実行したファイルが終了しても、コマンドラインが進みません。
シェルスクリプトなどで利用する場合、ファイルを分けてやる必要があるということです。

shellScript.sh

. cmd.sh &

cmd.sh

cmd.exe /C "C:\Program Files\AutoHotkey\AutoHotkeyU64.exe" C:/pg/autohotkey/per5_printScreen.ahk

&: こうしてやることで、バッググラウンドプロセスとして別のシェルスクリプトを実行します。

SPONSOR

オンラインブートキャンプ全12コースの「ウケ放題」 AD

コメントを残す

Close Menu