機能 ショートカットキー
リファレンス(参考URL)一覧へ移動 R
記事URLをMarkDownとしてコピー Ctrl+M
前のコードタグへ移動 Ctrl+←
次のコードタグへ移動 Ctrl+→
ヘルプを表示・非表示 H
Tips
- ショートカットキーは記事上で有効です。ヘッダー/フッター付近では機能しないことがあります。
- コードタグ移動機能がうまく動かないときは、Shift+F5でページを更新してみてください。
- このウィンドウを閉じるには、Hキーをもう一度押してください

【Windows 10】Autohotkeyで目覚ましアラームアプリを作る

プログラミング

AutoHotkeyでアラームアプリを作りました。

機能

プログラミング
  • 通知
  • 6時間待機
  • 通知
  • ミュートならミュート解除
  • 音量を14に設定
  • 音楽ファイルを実行: youtubeのURLでもおk
  • 30分経過で自動的にミュートにする+音量を戻す

時間とか音量の値は各自変更してどうぞ。

スクリプト

プログラミング
#If GetKeyState("a", "P")

  F1::reload

  NumpadEnd::

    TrayTip, アラーム, 6時間後にアラームを設定しました。, 1

    ; sleep, 3000
    sleep, 21600000

    TrayTip, アラーム, 時間です。, 1

    ;ミュートならミュート解除
    SoundGet, MuteState, Master, Mute
    if ErrorLevel
    {
    MsgBox, %ErrorLevel%
    Return
    }
    if MuteState=On
    {
    MuteState=1
    }
    if MuteState=1
    {
    Send, {Volume_Mute}
    }

    SoundGet, master_volume

        ;音量
    SoundSet, 14

    ; 曲を指定
    ;run, "C:\_musics\flac\EGOIST - GREATEST HITS 2011-2017 “ALTER EGO” [FLAC 96kHz/24bit]\11. 名前のない怪物.flac"
        ; youtube
    ;run, "https://www.youtube.com/watch?v=upZml93BWZw"

    ; 30分経過で自動的にミュートにする+音量を戻す
    ; sleep, 3000
    sleep, 1800000
    Send, {Volume_Mute}
    SoundSet, master_volume

  return


#If

使い方

プログラミング

aを押しながらnumpadEND: アラームを設定
aを押しながらF1: アラームを初期化/解除

この記事で欲しい情報が見つからなかった方へ

この記事の更新情報がある場合があります。
この記事は以下の記事とも関連性があると思われます。

Windows 環境変数設定をコマンドから開く
bashからwindowsのユーザー名を出力する
UbuntuでWindowsのタスクマネージャーみたいなコマンド
Ruby windowsのソフトウェアを外部コマンドから開く・起動する
WindowsにCicaフォントをインストールしてconemuのWSL bashで使えるようにする
windows Mac Linuxの人口比率
Windows 10でGuestアカウントを有効にする方法


管理人の方針で、既存の記事の編集はせず、新しい情報や大きな既存情報の更新があった場合には、新しい記事として公開することになっています。
当記事で欲しい情報が見つからなかった・解決に至らなかった場合、これらのリンクがお役に立てるかも知れません。

どうやってこの関連記事を生成しているの?
この機能のPHPソースコード(2500行)

コメントを残す

Close Menu