機能 ショートカットキー
リファレンス(参考URL)一覧へ移動 R
記事URLをMarkDownとしてコピー Ctrl+M
前のコードタグへ移動 Ctrl+←
次のコードタグへ移動 Ctrl+→
ヘルプを表示・非表示 H
Tips
- ショートカットキーは記事上で有効です。ヘッダー/フッター付近では機能しないことがあります。
- コードタグ移動機能がうまく動かないときは、Shift+F5でページを更新してみてください。
- このウィンドウを閉じるには、Hキーをもう一度押してください

Railsでbundle install –forceしたらnokogoriのエラーが出るようになった

プログラミング

エラーと質問

プログラミング

gemを全て再インストールしようと、

bundle install --force

した途端、bundle install でエラーが出るようになってしまいました。

PS C:\pg\rails\tool> bundle install
Fetching gem metadata from https://rubygems.org/..........
Using rake 12.3.1
Using concurrent-ruby 1.0.5
Using i18n 1.0.1
Using minitest 5.11.3
Using thread_safe 0.3.6
Using tzinfo 1.2.5
Using activesupport 5.2.0
Using builder 3.2.3
Using erubi 1.7.1
Using mini_portile2 2.3.0
Fetching nokogiri 1.8.4 (x64-mingw32)
Installing nokogiri 1.8.4 (x64-mingw32)
Errno::EACCES: Permission denied @ rb_sysopen -
C:/Ruby24-x64/lib/ruby/gems/2.4.0/gems/nokogiri-1.8.4-x64-mingw32/lib/nokogiri/2.4/nokogiri.so
An error occurred while installing nokogiri (1.8.4), and Bundler
cannot continue.
Make sure that `gem install nokogiri -v '1.8.4' --source
'https://rubygems.org/'` succeeds before bundling.

In Gemfile:
  rails was resolved to 5.2.0, which depends on
    actioncable was resolved to 5.2.0, which depends on
      actionpack was resolved to 5.2.0, which depends on
        actionview was resolved to 5.2.0, which depends on
          rails-dom-testing was resolved to 2.0.3, which depends on

このコマンドも試しましたが、結果は変わらず。

PS C:\pg\rails\tool> bundle config build.nokogiri --use-system-libraries

解決策はありますでしょうか。

解決した

プログラミング

rails sを停止して、数十分時間をおいて再度同様のコマンドをしてみると、うまくいきました。なんでだろう。

PS C:\pg\rails\tool> bundle install
Fetching gem metadata from https://rubygems.org/..........
Using rake 12.3.1
Using concurrent-ruby 1.0.5
Using i18n 1.0.1
Using minitest 5.11.3
Using thread_safe 0.3.6
Using tzinfo 1.2.5
Using activesupport 5.2.0
Using builder 3.2.3
Using erubi 1.7.1
Using mini_portile2 2.3.0
Fetching nokogiri 1.8.4 (x64-mingw32)
Installing nokogiri 1.8.4 (x64-mingw32)
Using rails-dom-testing 2.0.3
Using crass 1.0.4
Using loofah 2.2.2
Using rails-html-sanitizer 1.0.4
Using actionview 5.2.0
Using rack 2.0.5
Using rack-test 1.0.0
Using actionpack 5.2.0
Using nio4r 2.3.1
Using websocket-extensions 0.1.3
Using websocket-driver 0.7.0
Using actioncable 5.2.0
Using globalid 0.4.1
Using activejob 5.2.0
Using mini_mime 1.0.0
Using mail 2.7.0
Using actionmailer 5.2.0
Using activemodel 5.2.0
Using arel 9.0.0
Using activerecord 5.2.0
Using mimemagic 0.3.2
Using marcel 0.3.2
Using activestorage 5.2.0
Using public_suffix 3.0.2
Using addressable 2.5.2
Using io-like 0.3.0
Using archive-zip 0.11.0
Using bindex 0.5.0
Using msgpack 1.2.4 (x64-mingw32)
Using bootsnap 1.3.0
Using bundler 1.16.2
Using byebug 10.0.2
Using xpath 3.1.0
Using capybara 3.3.1
Using ffi 1.9.25 (x64-mingw32)
Using childprocess 0.9.0
Using chromedriver-helper 1.2.0
Using coffee-script-source 1.12.2
Using execjs 2.7.0
Using coffee-script 2.4.1
Using method_source 0.9.0
Using thor 0.20.0
Using railties 5.2.0
Using coffee-rails 4.2.2
Using duktape 2.0.1.0
Using multi_json 1.13.1
Using jbuilder 2.7.0
Using puma 3.11.4
Using sprockets 3.7.2
Using sprockets-rails 3.2.1
Using rails 5.2.0
Using rb-fsevent 0.10.3
Using rb-inotify 0.9.10
Using rubyzip 1.2.1
Using sass-listen 4.0.0
Using sass 3.5.6
Using tilt 2.0.8
Using sass-rails 5.0.7
Using selenium-webdriver 3.13.0
Using sqlite3 1.3.13 (x64-mingw32)
Using turbolinks-source 5.1.0
Using turbolinks 5.1.1
Using tzinfo-data 1.2018.5
Using uglifier 4.1.14
Using web-console 3.6.2
Bundle complete! 16 Gemfile dependencies, 76 gems now installed.
Use `bundle info [gemname]` to see where a bundled gem is installed.
Post-install message from nokogiri:
Nokogiri is built with the packaged libraries: libxml2-2.9.8, libxslt-1.1.32, zlib-1.2.11, libiconv-1.15.

この記事で欲しい情報が見つからなかった方へ

この記事の更新情報がある場合があります。
この記事は以下の記事とも関連性があると思われます。

Rails Ahoy
Railsで挫折しないためのRailsの学習の進め方
Rails ポート3000以外でサーバーを実行`rails s`したい
Rails 5 Deviseモデルでrollback transactionエラー
Rails db:migrate済みのテーブルにカラムを追加する
Rails 5でコントローラーで共通の変数を定義するには
Rails ストロングパラメーターに値を追加する


管理人の方針で、既存の記事の編集はせず、新しい情報や大きな既存情報の更新があった場合には、新しい記事として公開することになっています。
当記事で欲しい情報が見つからなかった・解決に至らなかった場合、これらのリンクがお役に立てるかも知れません。

どうやってこの関連記事を生成しているの?
この機能のPHPソースコード(2500行)

コメントを残す

Close Menu