機能 ショートカットキー
リファレンス(参考URL)一覧へ移動 R
記事URLをMarkDownとしてコピー Ctrl+M
前のコードタグへ移動 Ctrl+←
次のコードタグへ移動 Ctrl+→
ヘルプを表示・非表示 H
Tips
- ショートカットキーは記事上で有効です。ヘッダー/フッター付近では機能しないことがあります。
- コードタグ移動機能がうまく動かないときは、Shift+F5でページを更新してみてください。
- このウィンドウを閉じるには、Hキーをもう一度押してください

WordPress 記事一覧から特定カテゴリの記事を除外する

プログラミング

function exclude_category( $query ) { if ( $query->is_home() && $query->is_main_query() ) { $query->set( 'cat', '-3' ); } } add_action( 'pre_get_posts', 'exclude_category' );

解説:
‘cat’というのは猫カテゴリを除外…ってことじゃなくて、これはまぁカテゴリを意味する文字列そのものみたいです。なのでここは変更しない。
第二引数の-3。これがカテゴリになります。
カテゴリには数値が割り当てられており、例えば、http://yuis.org/blog/?cat=1はカテゴリのページです。これは”ブログ”という名前のカテゴリになりますが、このカテゴリの数値は1ということになります。
“ブログ”カテゴリを記事一覧から除外したいなら、-1とかけばいいです。
複数のカテゴリを指定するには、,で区切ります。

ref:

Learn how to hide specific post from the WordPress homepage

この記事で欲しい情報が見つからなかった方へ

この記事の更新情報がある場合があります。
この記事は以下の記事とも関連性があると思われます。

WordPress URLによって404ページの内容を変更する
SQLでWordPressで非公開の記事を特定して対処する
WordPress タイトルに含む単語をそのままメタキーワードにする [SEO対策]
WordPress hooks メタディスクリプションにタイトルを含める
WordPress hooks 最終的なHTMLを取得して編集する
WordPress hooks meta-robots index/followが指定されていない場合にindex/followを指定する
WordPressでprismjsを利用する方法を考えた


管理人の方針で、既存の記事の編集はせず、新しい情報や大きな既存情報の更新があった場合には、新しい記事として公開することになっています。
当記事で欲しい情報が見つからなかった・解決に至らなかった場合、これらのリンクがお役に立てるかも知れません。

どうやってこの関連記事を生成しているの?
この機能のPHPソースコード(2500行)

コメントを残す

Close Menu