機能 ショートカットキー
リファレンス(参考URL)一覧へ移動 R
記事URLをMarkDownとしてコピー Ctrl+M
前のコードタグへ移動 Ctrl+←
次のコードタグへ移動 Ctrl+→
ヘルプを表示・非表示 H
Tips
- ショートカットキーは記事上で有効です。ヘッダー/フッター付近では機能しないことがあります。
- コードタグ移動機能がうまく動かないときは、Shift+F5でページを更新してみてください。
- このウィンドウを閉じるには、Hキーをもう一度押してください

Ubuntu 18.04 USBメモリをRAM(メモリ)として使う方法【スワップ】

プログラミング

「USBメモリ」を「RAM」として使う方法です。

もしUSBメモリがマウントされていれば、それをアンマウントします。

sudo umount /media/drive-label
# or
sudo umount /dev/sda

USBメモリのデバイス名は、sudo fdisk -lで確認することが出来ます。メモリ容量などと参照してみましょう。

では、スワップファイルを作成します。

sudo mkswap /dev/sda

次に、スワップを有効にします。”32767″は最大容量を表しています。

sudo swapon -p 32767 /dev/sda

スワップ容量が増えているか、確認してみましょう。

cat /proc/swaps
# or
htop

https://yuis.xsrv.jp/images/ss/ShareX_ScreenShot_c1ecff6a-701a-4c32-8661-602168607db0.png

Add Virtual RAM to Ubuntu using a Spare USB Drive – TuxGarage

この記事で欲しい情報が見つからなかった方へ

この記事の更新情報がある場合があります。
この記事は以下の記事とも関連性があると思われます。

ubuntu 18.04にvirtualboxをインストール
ubuntu 18.04にowncloudクライアントをインストール
Ubuntu 16.04 Rails 5にpostgresSQLをセットアップ
UbuntuでWindowsのタスクマネージャーみたいなコマンド
virtualboxのubuntuのHDD容量を増やす
Ubuntuにプロキシサーバーを設定する方法
ubuntu 16.04でバッテリー容量の確認


管理人の方針で、既存の記事の編集はせず、新しい情報や大きな既存情報の更新があった場合には、新しい記事として公開することになっています。
当記事で欲しい情報が見つからなかった・解決に至らなかった場合、これらのリンクがお役に立てるかも知れません。

どうやってこの関連記事を生成しているの?
この機能のPHPソースコード(2500行)

コメントを残す

Close Menu