機能 ショートカットキー
リファレンス(参考URL)一覧へ移動 R
記事URLをMarkDownとしてコピー Ctrl+M
前のコードタグへ移動 Ctrl+←
次のコードタグへ移動 Ctrl+→
ヘルプを表示・非表示 H
Tips
- ショートカットキーは記事上で有効です。ヘッダー/フッター付近では機能しないことがあります。
- コードタグ移動機能がうまく動かないときは、Shift+F5でページを更新してみてください。
- このウィンドウを閉じるには、Hキーをもう一度押してください

gitのdiffでmeldを使用する方法

プログラミング

gitのdiffではファイルの差分を見ることができますが、通常のdiffだと、見るに堪えない表示で、かなり分かりづらいといいますか…。

meldっていうのが結構良かったなっていうのを思い出して、それをgit diffで使えないのかなと調べたらどうやら使えるようです。

Linux

プログラミング
git config --global diff.tool meld

git difftool HEAD~1 .\header.php

git – View differences of branches with meld? – Stack Overflow

試してないので動く保証はないです。

Windows

プログラミング

Meld.exeをmeld.exeにリネームし、フォルダをpathに通します。

その後、.gitconfigに以下を追加。

[diff]
  tool = meld
[difftool "meld"]
  cmd = meld.exe $LOCAL $REMOTE

そして、difftoolが使用できます。

git difftool HEAD~1 .\header.php

msysgit – Git Diff and Meld on Windows – Stack Overflow

補足

プログラミング

git difftool HEAD~1 .\header.phpというのは、git diff HEAD~1 .\header.phpと同様です。git diffのdiffをdifftoolに置き換えているというだけです。

HEAD~1は、最新のcommitのそのファイルと比べる、という意味があるようです。

この記事で欲しい情報が見つからなかった方へ

この記事の更新情報がある場合があります。
この記事は以下の記事とも関連性があると思われます。

カレントディレクトリがgitリポジトリかどうか判定する
git log フォーマット変更テンプレ
日本国内からGithubなど主要ウェブサイトにアクセスし辛い状況が続いている模様
Git gulp expect cron Atomでリモートサーバー同士でファイル同期をする
Github: リポジトリのstar/fork etcを取得する
“expect”でGithubのログイン/パスワードを自動入力してpush
Githubでリポジトリ検索の際に便利な検索演算子


管理人の方針で、既存の記事の編集はせず、新しい情報や大きな既存情報の更新があった場合には、新しい記事として公開することになっています。
当記事で欲しい情報が見つからなかった・解決に至らなかった場合、これらのリンクがお役に立てるかも知れません。

どうやってこの関連記事を生成しているの?
この機能のPHPソースコード(2500行)

コメントを残す

Close Menu