機能 ショートカットキー
リファレンス(参考URL)一覧へ移動 R
記事URLをMarkDownとしてコピー Ctrl+M
前のコードタグへ移動 Ctrl+←
次のコードタグへ移動 Ctrl+→
ヘルプを表示・非表示 H
Tips
- ショートカットキーは記事上で有効です。ヘッダー/フッター付近では機能しないことがあります。
- コードタグ移動機能がうまく動かないときは、Shift+F5でページを更新してみてください。
- このウィンドウを閉じるには、Hキーをもう一度押してください

atomで開いているフォルダやファイルを取得する

プログラミング

Windowsを再起動せざるを得ない場合、Atomでどんなファイルやプロジェクトを開いていたか、わからなくなることがあります。
僕はいつも ファイル > 終了から終了させてから再起動をしていますが、これでも、正しく再起動されなかった場合、次回起動時にatomが全てのウィンドウをリバートしてくれるとは限りません。
8ウィンドウくらい開いてたのに、3ウィンドウしか復旧しなかったり…などザラです。

予め開いているファイルやプロジェクトを知ることができれば、最悪それらを把握できますし、手動で開くことも可能です。

handle64.exeを使用します。

DL:
Handle – Windows Sysinternals | Microsoft Docs

で、これでatomが開いているファイルが全てわかります。(powershell)

C:\Users\ifgm2\Desktop\Handle\handle64.exe -p atom.exe

ただ、これだと、出力が多すぎるので、実際にユーザーが開いたファイルだけを表示します。

Select-StringのPatternか、-Excludeを指定して無駄な出力を抑えます。

僕の場合は、基本的にAtomで開くフォルダが決まっているので、それらを指定します。

e.g. C:\Users\ifgm2\Desktop\Handle\handle64.exe -p atom.exe | Select-String -Pattern "pg|vm|note"

出力例


884: File C:\pg\RAILS\english AEC: File C:\pg\RAILS\english 6B8: File C:\pg\RAILS\devise 750: File C:\pg\RAILS\devise B80: File C:\pg\RAILS\devise\config 7A4: File C:\pg\dev\crawler 804: File C:\pg\dev\crawler 91C: File C:\pg\dev\crawler\log 614: File C:\note 61C: File C:\pg\crypto 624: File C:\pg\autohotkey 62C: File C:\pg 67C: File C:\pg\ruby_twitter_tools\reply_checker 684: File C:\pg\md_to_html 68C: File C:\google_drive\note 924: File C:\note A34: File G:\__HDD_BACKUP__\_document\poblic\files\docker\__note__ 9BC: File C:\Users\ifgm2\vm\app\app\controllers B98: File C:\Users\ifgm2\vm\app 854: File C:\Users\ifgm2\vm\english C48: File C:\Users\ifgm2\vm\english\config DE4: File C:\Users\ifgm2\vm\english E6C: File C:\Users\ifgm2\vm\english\app\controllers 15F0: File C:\Users\ifgm2\vm\english\app 5A8: File C:\Users\ifgm2\vm\devise 6D8: File C:\Users\ifgm2\vm\devise\app 898: File C:\Users\ifgm2\vm\devise\db\migrate 964: File C:\Users\ifgm2\vm\devise\config A34: File C:\Users\ifgm2\vm\devise\app\controllers C68: File C:\Users\ifgm2\vm\devise D4C: File C:\Users\ifgm2\vm\devise\app\views\devise\registrations E80: File C:\Users\ifgm2\vm\devise\app\views\pages E88: File C:\Users\ifgm2\vm\devise\app\views\layouts EE0: File C:\Users\ifgm2\vm\devise\app\views F60: File C:\Users\ifgm2\vm\devise\db 10B4: File C:\Users\ifgm2\vm\devise\app\views\userdetail 110C: File C:\Users\ifgm2\vm\devise\app\models 13D0: File C:\Users\ifgm2\vm\devise\app\views\hashmodels 1458: File C:\Users\ifgm2\vm\devise\app\views\devise 1510: File C:\Users\ifgm2\vm\devise\app\views\devise\sessions 2094: File C:\Users\ifgm2\vm\devise\test 20A8: File C:\Users\ifgm2\vm\devise\test\helpers 21A4: File C:\Users\ifgm2\vm\devise\test\controllers 21CC: File C:\Users\ifgm2\vm\devise\app\views\tags 2234: File C:\Users\ifgm2\vm\devise\test\models 224C: File C:\Users\ifgm2\vm\devise\public 2268: File C:\Users\ifgm2\vm\devise\app\assets\stylesheets 2278: File C:\Users\ifgm2\vm\devise\lib\tasks 22AC: File C:\Users\ifgm2\vm\devise\tmp 22E4: File C:\Users\ifgm2\vm\devise\vendor 230C: File C:\Users\ifgm2\vm\devise\log 2328: File C:\Users\ifgm2\vm\devise\test\mailers 2358: File C:\Users\ifgm2\vm\devise\lib 2390: File C:\Users\ifgm2\vm\devise\lib\assets 23A4: File C:\Users\ifgm2\vm\devise\test\integration 598: File C:\pg\chrome_extensions\copy Url As MarkDown\app 86C: File C:\pg\chrome_extensions\copy Url As MarkDown A68: File C:\pg\chrome_extensions\copy Url As MarkDown F48: File C:\pg\chrome_extensions\copy url as markdown on image url\app 3C: File C:\pg\rubyGuiAppDev 424: File C:\pg\rubyGuiAppDev 40: File C:\pg\rubyGuiAppDev 7A8: File C:\pg\rubyGuiAppDev 81C: File C:\pg\rubyGuiAppDev 40: File C:\pg\rubyGuiAppDev 3C: File C:\pg\rubyGuiAppDev 3C: File C:\pg\rubyGuiAppDev 5A4: File C:\Users\ifgm2\vm\english\app\controllers 5B8: File C:\Users\ifgm2\vm\english\app 704: File C:\Users\ifgm2\vm\english A8C: File C:\Users\ifgm2\vm\english\app\views\english B88: File C:\Users\ifgm2\vm\english EEC: File C:\Users\ifgm2\vm\english\app\views\layouts FE4: File C:\Users\ifgm2\vm\english\app\views\cambridge 1034: File C:\Users\ifgm2\vm\english\config 13BC: File C:\Users\ifgm2\vm\english\app\views 40: File C:\pg\rubyGuiAppDev 3C: File C:\pg\rubyGuiAppDev 40: File C:\pg\rubyGuiAppDev 82C: File C:\Users\ifgm2\vm\api B7C: File C:\Users\ifgm2\vm\api B94: File C:\Users\ifgm2\vm\api\app\controllers BC0: File C:\Users\ifgm2\vm\api\config 3C: File C:\pg\rubyGuiAppDev 3C: File C:\pg\rubyGuiAppDev 40: File C:\pg\rubyGuiAppDev 81C: File C:\Users\ifgm2\vm\dev___ 888: File C:\Users\ifgm2\vm\dev___ 8B4: File C:\Users\ifgm2\vm\dev___\app\controllers A94: File C:\Users\ifgm2\vm\dev___\app AFC: File C:\Users\ifgm2\vm\dev___\config 40: File C:\pg\rubyGuiAppDev 3C: File C:\pg\rubyGuiAppDev

この記事で欲しい情報が見つからなかった方へ

この記事の更新情報がある場合があります。
この記事は以下の記事とも関連性があると思われます。

windows atomやnotepadでshiftキーを押すと下にスクロールされてしまうバグ
atom を ubuntu16.04にインストール
Atomでファイルが保存出来ない場合の対処
atom 再インストールしたあとに実行するコマンド 初期化
atom apmコマンドが使用できない場合
AtomでAND検索する正規表現パターンを考えた
Git gulp expect cron Atomでリモートサーバー同士でファイル同期をする


管理人の方針で、既存の記事の編集はせず、新しい情報や大きな既存情報の更新があった場合には、新しい記事として公開することになっています。
当記事で欲しい情報が見つからなかった・解決に至らなかった場合、これらのリンクがお役に立てるかも知れません。

どうやってこの関連記事を生成しているの?
この機能のPHPソースコード(2500行)

コメントを残す

Close Menu