機能 ショートカットキー
リファレンス(参考URL)一覧へ移動 R
記事URLをMarkDownとしてコピー Ctrl+M
前のコードタグへ移動 Ctrl+←
次のコードタグへ移動 Ctrl+→
ヘルプを表示・非表示 H
Tips
- ショートカットキーは記事上で有効です。ヘッダー/フッター付近では機能しないことがあります。
- コードタグ移動機能がうまく動かないときは、Shift+F5でページを更新してみてください。
- このウィンドウを閉じるには、Hキーをもう一度押してください

WordPress hooks 最終的なHTMLを取得して編集する

プログラミング

最終的にWordPressに表示されるHTMLを弄って、本当に最終的に出力されるHTMLを変えるには、`ob_start(“callback”);`を使用します。
使用する状況としては、例えば、hooksの用意されていないプラグインから出力されたHTMLを変えたいときとか?
HTMLタグまたはタグの中身を動的に変えたい場合とか、でしょうか。
まぁ正規表現で色々やることになるかと思います。かなり汚いやり方になりますが、それしかやり方がないと言うならばそれも仕方ないでしょう。

HTML…またの名をDOM要素のなにかを変えたいって場合なら、読み込まれてから、JavaScriptで色々やったほうが良いかと思いますが。

以下のPHPを、header.phpやfunctions.phpへコピペして使用してください。
このコードですと、何もしない、コードになります。

サンプルとして、`$buffer = preg_replace(‘/alt=”.*”/’, ‘alt=”hogehoge”‘ , $buffer ) ;`を有効にすれば、画像のaltタグの中身を”hogehoge”に変える、という正規表現置換をします。
っと今気づきましたがこれは`preg_replace`は`preg_replace_all`(?)にする必要があるかも知れません。変える場合はリファレンスをちゃんと読んで変えてみてくださいね。

“`

“`

この記事で欲しい情報が見つからなかった方へ

この記事の更新情報がある場合があります。
この記事は以下の記事とも関連性があると思われます。

SQLでWordPressの記事を正規表現検索してMarkDown形式にする – 簡単にWordPressブログの記事リンクを取得する方法
WordPress URLによって404ページの内容を変更する
SQLでWordPressで非公開の記事を特定して対処する
WordPress タイトルに含む単語をそのままメタキーワードにする [SEO対策]
WordPress hooks メタディスクリプションにタイトルを含める
WordPress hooks meta-robots index/followが指定されていない場合にindex/followを指定する
WordPressでprismjsを利用する方法を考えた


管理人の方針で、既存の記事の編集はせず、新しい情報や大きな既存情報の更新があった場合には、新しい記事として公開することになっています。
当記事で欲しい情報が見つからなかった・解決に至らなかった場合、これらのリンクがお役に立てるかも知れません。

どうやってこの関連記事を生成しているの?
この機能のPHPソースコード(2500行)

コメントを残す

Close Menu