機能 ショートカットキー
リファレンス(参考URL)一覧へ移動 R
記事URLをMarkDownとしてコピー Ctrl+M
前のコードタグへ移動 Ctrl+←
次のコードタグへ移動 Ctrl+→
ヘルプを表示・非表示 H
Tips
- ショートカットキーは記事上で有効です。ヘッダー/フッター付近では機能しないことがあります。
- コードタグ移動機能がうまく動かないときは、Shift+F5でページを更新してみてください。
- このウィンドウを閉じるには、Hキーをもう一度押してください

「subframe: https://staticset.com 」がChromeのCPUを食いまくっている場合の対処

プログラミング

以下redditより抜粋。

(英文省略)

僕のパソコンのCPUの20%がgoogle chromeのあるタスクで使われているんだ。subframe: https://staticset.comってやつ。

(中略)

If anyone knows how to force close that with a command line hack, well cool. Please share. And if nobody knows how to, I think it’s time to make some noise on the subject. 20% of most of the CPUs around the world sucked by a Google task, is not something that can be taken lightly.

誰か、この問題を解決できるコマンドラインtipsはないか?世界中のコンピューターのCPUの20%がこのタスクに奪われているのはおかしいだろう?

Click right on Chrome task bar (with the tabs) and open the Chrome Task Manager.

chromeの上部を右クリックしてタスクマネージャーを開こう。

What was the extension name? For me it was Download Manager

なんて拡張機能?僕はDownload Managerだったよ。

For me was this color pixel extention causing this.

僕はcolor pixelが原因だったな。

Chrome Task : https://staticset.com/ using 20% of your CPUs constantly. : chrome

解説

プログラミング

まず、皆さんはwindowsのタスクマネージャーやコマンドラインなどで、chromeのCPU使用率が高いことを確認したところだと思います。

その後やることは、chromeのタスクマネージャを開き、どのタブが重いのかを検査することです。

しかし、今回のような、検査してもどのタブが重いのかわからない。という場合もあります。

そういう場合は、そのプロセス名でgoogleしましょう。

その結果、そのプロセスがどういう類の拡張機能、もしくは、ウェブサイトで発生する傾向があるのかということが分かりますね。

手当たり次第にそれっぽい拡張機能を、、- Extensions Manager (aka Switcher) – Chrome ウェブストア
のような拡張機能制御系の拡張機能を使用して、停止します。

CPUが下がれば成功です。

ちなみに僕の場合はhttps://chrome.google.com/webstore/detail/flash-video-downloader/aiimdkdngfcipjohbjenkahhlhccpdbcが原因でした。

この記事で欲しい情報が見つからなかった方へ

この記事の更新情報がある場合があります。
この記事は以下の記事とも関連性があると思われます。

chromeデベロッパーツールからrequire()するといつも使う関数や変数を呼び出して使えるようにする[JavaScript]
tampermonkeyスクリプトからGoogle chrome拡張機能を作る
Youtubeから”あなたへのおすすめ”を非表示するchrome拡張機能を作った
Youtubeから日本語のコメントを非表示するchrome拡張機能を作った
ショートカットキーで画像をMarkdownとしてコピーするchrome拡張機能を作った
ショートカットキーでURLをMarkdownとしてコピーするchrome拡張機能を作った
アフィリエイトリンクを教えてくれるchrome拡張機能[JavaScriptソースコード]


管理人の方針で、既存の記事の編集はせず、新しい情報や大きな既存情報の更新があった場合には、新しい記事として公開することになっています。
当記事で欲しい情報が見つからなかった・解決に至らなかった場合、これらのリンクがお役に立てるかも知れません。

どうやってこの関連記事を生成しているの?
この機能のPHPソースコード(2500行)

コメントを残す

Close Menu