機能 ショートカットキー
リファレンス(参考URL)一覧へ移動 R
記事URLをMarkDownとしてコピー Ctrl+M
前のコードタグへ移動 Ctrl+←
次のコードタグへ移動 Ctrl+→
ヘルプを表示・非表示 H
Tips
- ショートカットキーは記事上で有効です。ヘッダー/フッター付近では機能しないことがあります。
- コードタグ移動機能がうまく動かないときは、Shift+F5でページを更新してみてください。
- このウィンドウを閉じるには、Hキーをもう一度押してください

Windows 環境変数設定をコマンドから開く

プログラミング

環境変数の設定がコマンドラインから`$ENV:PATH=”$ENV:PATH;c:\path\to\folder”`のようにできるのは知っていますが、事故りやすいですよね。アレ。
Ubuntuはともかく、windowsの環境変数設定はなんだか苦手です。環境変数手動で設定しようっていうだけで…辛い。

というのも、ウィンドウを開くのがいちいち面倒だっていうのがある。

そのウィンドウをコマンド、cmdやpowershellで開くためのスクリプト。

“`
Start C:\Windows\system32\rundll32.exe sysdm.cpl, EditEnvironmentVariables
“`

[「環境変数」ウィンドウを直接開くバッチファイル – Corredor](http://neos21.hatenablog.com/entry/2017/01/26/%E3%80%8C%E7%92%B0%E5%A2%83%E5%A4%89%E6%95%B0%E3%80%8D%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%83%89%E3%82%A6%E3%82%92%E7%9B%B4%E6%8E%A5%E9%96%8B%E3%81%8F%E3%83%90%E3%83%83%E3%83%81%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4)

これを毎回打つのはだるすぎるのでaliasします。

“`
# # コマンドが定義されていないことを確認。
PS C:\pg\sinatra> gcm path
gcm : 用語 ‘path’ は、コマンドレット、関数、スクリプト ファイル、または操作可能なプログラムの名前として認識されません。名前が正しく記述さ
れていることを確認し、パスが含まれている場合はそのパスが正しいことを確認してから、再試行してください。
発生場所 行:1 文字:1
+ gcm path
+ ~~~~~~~~
+ CategoryInfo : ObjectNotFound: (path:String) [Get-Command], CommandNotFoundException
+ FullyQualifiedErrorId : CommandNotFoundException,Microsoft.PowerShell.Commands.GetCommandCommand

# # alias定義
PS C:\pg\sinatra> New-BashStyleAlias path “Start C:\Windows\system32\rundll32.exe sysdm.cpl, EditEnvironmentVariables”
“`

これで`path`でウィンドウを開けるようになりました。

これを`$PROFILE`にコピペして起動したら読み込むようにすればおk。

にしてもrundll32.exe系ウィンドウの引数ってどうやって調べたら良いんだろうか…そういうツール無いかなって前調べたけどなかったし。今の所プロキシとかこれとか1つずつ検索してたどり着いてるわけなんだけど…なんかいいのないのかね。

この記事で欲しい情報が見つからなかった方へ

この記事の更新情報がある場合があります。
この記事は以下の記事とも関連性があると思われます。

bashからwindowsのユーザー名を出力する
UbuntuでWindowsのタスクマネージャーみたいなコマンド
Ruby windowsのソフトウェアを外部コマンドから開く・起動する
WindowsにCicaフォントをインストールしてconemuのWSL bashで使えるようにする
windows Mac Linuxの人口比率
Windows 10でGuestアカウントを有効にする方法
Ubuntu 18.04でWindows 10の共有フォルダをマウントする方法


管理人の方針で、既存の記事の編集はせず、新しい情報や大きな既存情報の更新があった場合には、新しい記事として公開することになっています。
当記事で欲しい情報が見つからなかった・解決に至らなかった場合、これらのリンクがお役に立てるかも知れません。

どうやってこの関連記事を生成しているの?
この機能のPHPソースコード(2500行)

コメントを残す

Close Menu