chromeデベロッパーツールからrequire()するといつも使う関数や変数を呼び出して使えるようにする[JavaScript]

    >

require()ってするだけでいつも使うテンプレ関数などをオンラインにCDNみたいな形式で置いておいて、それを呼び出す、ってことができる、みたいなことに気づいたっていうか偶然できたので、結構それとなく便利なのでシェア。

以下自分用ノート

JavaScriptコードは難読化する

javascript-obfuscator input.js –output output.js –compact true –control-flow-flattening true –control-flow-flattening-threshold 1 –dead-code-injection true –dead-code-injection-threshold 1 –identifier-names-generator hexadecimal –identifiers-prefix template –rotate-string-array true –self-defending true –string-array true –string-array-encoding rc4 –string-array-threshold 1 –target browser –transform-object-keys true –unicode-escape-sequence false

どんな関数が使用できるのかわからないので、最初にリストしておく。

テンプレートファイルは、https://yuis.xsrv.jp/cdn/js/template.jsとする。

xservからrmateして、暗号化したjavascriptを追加しておく形。

これを利用する場合は、

function dynamicallyLoadScript(url) {
    var script = document.createElement("script");
    script.src = url;
    document.head.appendChild(script);
}
dynamicallyLoadScript('https://yuis.xsrv.jp/cdn/js/template.js')

だが、

tampermonkeyで開発用にデベロッパーツールから関数1つでこれらを呼び出せるように定義しておいた。

// ==UserScript==
// @name         require()
// @namespace    http://tampermonkey.net/
// @version      0.1
// @description  try to take over the world!
// @author       You
// @match        *://*/*
// @grant        none
// ==/UserScript==

window.require = function(){
function dynamicallyLoadScript(url) {
    var script = document.createElement("script");
    script.src = url;
    document.head.appendChild(script);
}
dynamicallyLoadScript('https://yuis.xsrv.jp/cdn/js/template.js')
}

これにより、デベロッパーツールを開いて

require()

することで、簡単に呼び出すことができる。


お困りですか?この記事で紹介していることをマンツーマンで指導、解説、代行します。まずはお気軽にお問い合わせください。


関連するかもしれない記事

Javascriptで文字を読ませる(text-to-speech)
JavaScriptの正規表現マッチでグループマッチを取り出すには
ISO-8601 のデータフォーマットでJavaScriptで時刻を出力するには
JavaScriptでURLエスケープ
JavascriptでHTTP GET
JavaScript 非表示パスワードを表示する ブックマークレット
URLからクエリストリングを削除するJavaScriptを書いた


Close Menu