yourls APIを使って最速で短縮URL作るBash関数を作る

    >


こんな感じです。

yuis@DESKTOP-UHU8FSH:/mnt/c/pg$ yourls "fumiya.org/hogefuga"
yuis@DESKTOP-UHU8FSH:/mnt/c/pg$ getredirected https://114514.click/20190104220817bp5by
http://fumiya.org/hogefugayuis@DESKTOP-UHU8FSH:/mnt/c/pg$
yuis@DESKTOP-UHU8FSH:/mnt/c/pg$ # https://114514.click/20190104220817bp5by
yuis@DESKTOP-UHU8FSH:/mnt/c/pg$
yuis@DESKTOP-UHU8FSH:/mnt/c/pg$

https://yuis.xsrv.jp/images/ss/ShareX_ScreenShot_41231405-9ccc-4b9d-9010-57863ce5d19a.gif

ここにAPIの雛形があります。

Remote API · YOURLS/YOURLS Wiki

yourlsのインストールは前提です。yourlsのインストールとかは当ブログでも解説記事がありますのでそちらをご参照ください。

では、簡単な解説。

/mnt/c/pg/yourls-api.phpを作ります。で、以下をコピペ。EDIT THISのうち、username,password,api_urlを各自入れてください。ユーザー名とパスワードは、user/config.phpに書いてあります。adminにログインするのに必要な情報です。もしパスワードがわからなければ、user/config.phpのpasswordが暗号化されているので、消して新しいパスワードにして上書き保存してやればいいです。

<?php

///////////////////////////////////////////////////////////////////
/////////////////////////// CONFIGURATION /////////////////////////
///////////////////////////////////////////////////////////////////

// C:\pg\yourls-api.php http://fumiya.org/hoge01 keyword title
// php yourls-api.php http://fumiya.org/hoge01 keyword title


// EDIT THIS: your auth parameters
$username = '';
$password = '';

// EDIT THIS: the query parameters
$url     = $argv[1] ; // 'http://fumiya.org/'; // URL to shrink $1
$keyword = $argv[2] ; // 'plaindate+random6';                        // optional keyword
$title   = $argv[3] ; // 'ad::aliexpress'; // $2 (d=no-title)               // optional, if omitted YOURLS will lookup title with an HTTP request
$format  = 'json';                       // output format: 'json', 'xml' or 'simple'

// EDIT THIS: the URL of the API file
$api_url = 'http://yourdomain.com/yourls-api.php';


///////////////////////////////////////////////////////////////////
///////////////////////////// SCRIPTS /////////////////////////////
///////////////////////////////////////////////////////////////////


// Init the CURL session
$ch = curl_init();
curl_setopt( $ch, CURLOPT_URL, $api_url );
curl_setopt( $ch, CURLOPT_HEADER, 0 );            // No header in the result
curl_setopt( $ch, CURLOPT_RETURNTRANSFER, true ); // Return, do not echo result
curl_setopt( $ch, CURLOPT_POST, 1 );              // This is a POST request
curl_setopt( $ch, CURLOPT_POSTFIELDS, array(      // Data to POST
        'url'      => $url,
        'keyword'  => $keyword,
        'title'    => $title,
        'format'   => $format,
        'action'   => 'shorturl',
        'username' => $username,
        'password' => $password
    ) );

// Fetch and return content
$data = curl_exec($ch);
curl_close($ch);

// Do something with the result. Here, we just echo it.
echo $data;

この時点で、cd /mnt/c/pg/ && php yourls-api.php http://fumiya.org/hoge01 keyword titleといった感じで正常に動くかテストしておきましょう。curlの結果としてjsonが返ってきますが、エラーなどが含まれていないか確認しましょう。

Uncaught Error: Call to undefined function curl_init()ってエラーが出る場合があります。

php – Fatal error: Call to undefined function curl_init() in … on line 9 – Stack Overflow

windowsならphp.iniをいじるらしいですが、ubuntu16.04とかなら、sudo apt install php-curlしてやると僕は治りました。

はい。で、関数定義します。以下。(.bashrc)

先程のメインPHPファイルに引数を渡しつつ、結果として返ってくるjsonをpythonでパースして、shorturlを取得。shorturlは完成した短縮URLになります。でさらに、clip.exeに渡してクリップボードにコピーしています。

yourls(){
  url=$1
  keyword="$(plaindate)$(random 6)"
  title=$2
  php /mnt/c/pg/yourls-api.php "$url" "$keyword" "$title" | python3 -c 'import json,sys;print(json.load(sys.stdin)["shorturl"])' | clip.exe
}

使いかた:

yourls [短縮したいURL] [タイトル*1]

1: adminに表示される。検索する時にあると便利。

e.g. yourls "fumiya.org/hogefuga"
e.g. yourls "fumiya.org/hogefuga" "hogefuga"

adminパネルにはこんな感じで表示されます。

https://yuis.xsrv.jp/images/ss/ShareX_ScreenShot_08dfe367-161d-49f5-8d89-034b43905c87.png

ここでは紹介していないplaindate,random,getredirectedなどの関数については僕の.bashrcに定義してあります。.bashrcは僕の[github]で公開しています。(検索して見つけてください。)

plaindate はじめてのBash。関数やエイリアスを読み込むまで [初心者向け]

  plaindate(){
    date '+%Y%m%d%H%M%S'
  }




お困りですか?この記事で紹介していることをマンツーマンで指導、解説、代行します。まずはお気軽にお問い合わせください。


Close Menu