awkをオーバーライドしてちょっとだけ便利にする

    >


awk便利ですね。僕もawkは結構好きで、よく使います。awk記事もいくつか書きましたね。

(shell) awkチートシート [外部コマンド実行]
Bash awkで全てのカラムを出力するには

前にcdコマンドのオーバーライド記事を書きましたが、これがなかなか使ってみて便利。いやー便利。

Bash cdコマンドでファイルを指定しても移動できるようにするだけ

それで、既存のlinuxやビルトインコマンドに機能追加するのに軽くハマってしまいました。

そんなawkですが、…なんか構文面倒じゃない?

2つ目のカラムを出力したいなー、3つ目のカラムを出力したいなー、ということは割とありますが、そのたびにawk '{print $2}'って書くの気だるいですよね。

こうできたら良くないですか。

$ echo 'hoge fuga' | awk '{print $2}'
fuga
$ echo 'hoge fuga' | awk 2
fuga

ということで書きました。

awk(){
    [[ "${1}" =~ ^[0-9]+$ ]] && /usr/bin/awk -v var="${1}" '{print $var}' || /usr/bin/awk "$@"
}

-v var="${1}"は、awkで使用する変数として定義する、というものです。これで、$+2$2、というわけです。正確にはawkでは文字列は""で囲むべきなので、'{print "$"var}'にするべきだったかもしれないですがバグ出てないので大丈夫でしょう。

awkって''シングルクォーテーションなので、bashの変数展開ができないんですよね。なので、-vオプション使って遠回りしないといけないんですね。

# [[ "${1}" =~ [0-9]+ ]] && /usr/bin/awk \'{print \$${1}}\' || /usr/bin/awk "$@"  # => エラー

# [[ "${1}" =~ \d+ ]] && /usr/bin/awk '\''{print \$${1}}'\'' || /usr/bin/awk "$@" # => エラー


追記

バージョンアップしました。


awk(){ : e.g. `# something | awk 2 ` : e.g. `# something | awk nr2 ` [[ "${1}" =~ ^[0-9]+$ ]] && { /usr/bin/awk -v var="${1}" '{print $var}' ; return 0 ; } [[ "${1}" =~ ^nr[0-9]+$ ]] && { /usr/bin/awk "NR==${1##+([a-z])}" ; return 0 ; } /usr/bin/awk "$@" && { return 0 ; } }

$ pwdtree /mnt/k/_hub/_tmp/high-res/鹿乃 /mnt/k/_hub/_tmp/high-res /mnt/k/_hub/_tmp /mnt/k/_hub /mnt/k /mnt $ pwdtree | awk nr2 /mnt/k/_hub/_tmp/high-res

NRとかはダブルクォーテーションでいけるんですね。



お困りですか?この記事で紹介していることをマンツーマンで指導、解説、代行します。まずはお気軽にお問い合わせください。


Close Menu