Bashで乱数のランダムな横n文字x縦n文字のテキストデータを生成する

    >


https://yuis.xsrv.jp/images/ss/ShareX_ScreenShot_27c993f8-6efa-4bc8-acc1-f7aee93ac155.png

5文字x5文字 合計25文字のランダムな文字キャラクターで構成されたテキストデータを生成する例

yuis ASUS /mnt/c/pg$ gentext 5 5 random
AsVDT
iCPZi
Ihlv8
NVwc0
TofvP

乱数にする必要がない場合は第三引数を空欄または任意の文字で指定で同じ文字でテキストデータが出力されます。

yuis ASUS /mnt/c/pg$ gentext 5 5
XXXXX
XXXXX
XXXXX
XXXXX
XXXXX

生成されたデータをファイルに出力したい場合は通常通りパイプします。

yuis ASUS /mnt/c/pg$ gentext 5 5 random > tmp.txt

以下コードです。


gentext02(){ : <<< ' generate a large size of text contents. e.g. gentext02 [width] [height] [char] e.g. gentext02 100 100 Z e.g. gentext02 100 100 random > tmp.txt i.e. check how long time fzf takes against to a large of text contents. tmpdird push gentext02 20 50000 random > tmp.txt cat tmp.txt | fzf ' for i in $(seq "${2:-10}") ; do # printf "${3:-X}%.0s" {1..${1:-10}} ; printf '\n' [[ "${3}" =~ rand|random ]] && { # printf "$( randsel {a..z} )%.0s" $( eval "echo {1..${1:-10}}" ) ; printf '\n' random ${1:-10} } || { printf "${3:-X}%.0s" $( eval "echo {1..${1:-10}}" ) ; printf '\n' } done } alias gentext="gentext02"
random(){
  ARG1=${1:-32}
  # cat /dev/urandom | tr -dc 'a-zA-Z0-9' | fold -w $1 | head -n 1
  cat /dev/urandom | tr -dc 'a-zA-Z0-9' | fold -w $ARG1 | head -n 1
}



お困りですか?この記事で紹介していることをマンツーマンで指導、解説、代行します。まずはお気軽にお問い合わせください。


Close Menu