プログラミング

Flutterアプリでバイブレーションを実装するには

アプリ開発において、バイブレーションの実装は基礎的でありながら利用の汎用性が高く、最初のチュートリアルのような段階としても実装したい機能の一つです。
Flutterのアプリ開発でバイブレーションを実装する方法は、Javaなどを使っての方法と比べてもシンプルに抑えられています。

pubspec.yamlに以下を追加します。

dependencies:
    vibration: ^1.7.3

AndroidManifest.xmlに以下を追加します。

<uses-permission android:name="android.permission.VIBRATE"/>

dartファイルを以下のように編集します。
これで

import 'package:vibration/vibration.dart';

..

Vibration.vibrate();

バイブレーション機能が搭載されている場合にのみバイブレーションをする例


if (await Vibration.hasAmplitudeControl()) {
    Vibration.vibrate(amplitude: 128);
}

バイブレーションのパターンや長さを指定したい場合

Vibration.vibrate(duration: 1000);

Vibration.vibrate(pattern: [500, 1000, 500, 2000]);

(参考)

vibration | Flutter Package

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です