プログラミング系記事ってどれくらい需要あるのか調べてみた

    >


プログラミングブログをやっているわけだが,まぁ作りたてってのもあると思うが,ある程度記事はあるのにあまりにアクセスが少ない.
そこで,プログラミング系の検索クエリで,どれくらいの検索需要があるのか調べてみた.



検証方法

アドワーズのキーワードプランナーで検索数を見る.

プログラミング言語系キーワード

ruby
python
php
javascript
java
c
c#
c++

  • 日本語の場合

ruby, python, php, javascript, java, c, c#, c++

  • 英語の場合

ruby, python, php, javascript, java, c, c#, c++

linux系キーワード

“ubuntu, bash, ubuntu16.04, linux, ubuntu install”の各キーワードをキーワードプランナーにかけてみる.

  • 日本の場合(地域==日本)

ubuntu, bash, ubuntu16.04, linux, ubuntu install

  • 英語の場合

ubuntu, bash, ubuntu16.04, linux, ubuntu install

~100倍くらい差があるように感じる.

結論

プログラミングはかなり需要が少なく(というよりギークで奥が深いので),マイナーコンテンツになってしまう.そのため,アクセスはどうしても少なくなってしまう.

  • 対策

文字数を多くしてありきたりSEOをするか,英語で記事を書く か.
今後英語で記事を書いていくことも考えた方がいいかもしれない.

ただやはり,日本語で情報発信する媒体も日本のために必要であるとは思う.



お困りですか?この記事で紹介していることをマンツーマンで指導、解説、代行します。まずはお気軽にお問い合わせください。


Close Menu