Atomエディターをインストールしたらはじめに設定しておきたい項目3つ

    >




spell-checkパッケージを無効にする

デフォルトだと、”spell-check”というパッケージが有効になっています。が、このパッケージ、超邪魔です。
日本語にひっついてくる赤い線、これがきになる人は多いハズ。
これを消すには、パッケージを削除するか無効化するわけですが、コマンドラインからやってしまうのが簡単です。

apm disable spell-check

Atomの標準改行コードをLFにする.

windowsだとOS defaultがCRLFなので,変更しておきたいです。
正直、CRLFのメリットって無いです。RubyやPythonばっかりいじってるものからすると、ですが。Cとか触るならCRLFも使うのかな?わからないけど。
逆に、コマンドラインでSSHなどでサーバーに接続している場合に、CRLFのファイルを参照するとエラーでます。LFのじゃないと困る時の方が多いと僕は思います。

そんなわけで、デフォルトをLFにしましょう。

設定 >
installed packages >
line-ending-selector >
OS default => LF

Scriptパッケージをインストールする

Atom上でスクリプトの実行ができるパッケージです。
こちらはあるとすっごい便利なので、とてもおすすめです。

apm install script


お困りですか?この記事で紹介していることをマンツーマンで指導、解説、代行します。まずはお気軽にお問い合わせください。


Close Menu