Javascriptで例外処理

    >
try {
  console.log('hoge') ;
} catch (e) {
  console.log('処理できませんでした。') ;
}

// => hoge

try {
  console.log(undifinedVariable) ;
} catch (e) {
  console.log('処理できませんでした。') ; console.log(e) ;
}

// => 処理できませんでした。
// => VM6073:5 ReferenceError: undifinedVariable is not defined
// =>     at <anonymous>:3:15

finally ブロックで、例外が起きても起きなくても実行する処理を追加することが可能。

エラーを起こすにはthrowを使用する。

throw "大変!エラーが起きたみたい!!";

お困りですか?この記事で紹介していることをマンツーマンで指導、解説、代行します。まずはお気軽にお問い合わせください。


関連するかもしれない記事

Javascriptで文字を読ませる(text-to-speech)
JavaScriptの正規表現マッチでグループマッチを取り出すには
ISO-8601 のデータフォーマットでJavaScriptで時刻を出力するには
JavaScriptでURLエスケープ
JavascriptでHTTP GET
JavaScript 非表示パスワードを表示する ブックマークレット
URLからクエリストリングを削除するJavaScriptを書いた


Close Menu