vimに入門してみた ~ amix vimrcの導入から基本操作まで

    >


rmateが使えない環境で、nanoとかでやってたんですけど、どうしてもコピペとか検索ができない(しづらい)のがストレスで、
仕方なくvimを導入しようかと思ったところです。

以前一度vimは触っていて、viもそこそこ触ることはできてたので、ちょっと復習みたいな感じですかね。



atomっぽくしてみたかった

atom使いなのでatomっぽく出来たらなーと思って調べたらめっちゃよさげなのがありました。

I build stuff: How to to make Vim to look like Atom

Not an editor command: Plugというエラーが出るので、パッケージ管理ツールであるplugをインストールする。

curl -fLo ~/.vim/autoload/plug.vim --create-dirs \
https://raw.githubusercontent.com/junegunn/vim-plug/master/plug.vim

……できなかったです。

エラーが出てしまいます。

んー、わからん。

amix vimrcを使ってみる

vimrcプラグインを色々組み合わせていい感じのエディタになっている.vimrcが配布されているので使ってみます。

amix/vimrc: The ultimate Vim configuration: vimrc

amix vimrcのAwesome versionをインストール。

git clone --depth=1 https://github.com/amix/vimrc.git ~/.vim_runtime
sh ~/.vim_runtime/install_awesome_vimrc.sh

amix vimrcのすごいところ:

  • 標準でctrl+c/ctrl+vのコピペができる
  • HOME/ENDキーが使える。ctrl+END[HOME]なんかもできるので便利
  • Python,Javascript,shなど一部言語は標準で色付けされる
  • エディタっぽくなる

基本操作をやってみた

  • モード

i 文字入力モードにする
ESC ノーマルモードに戻る
Ctrl-[ ノーマルモードに戻る

  • 文字列検索

/ 続けて文字を打ち, Enterで文字列を確定し, 後方検索をかける
n 次の単語に移る
N 前の単語に移る

  • 戻す/戻したのを戻す ctrl+z/ctrl+y

u undo(アンドゥ)一動作分、前の状態に戻す。
Ctrl + r redo(リドゥ)。アンドゥで戻した操作を、元に戻す。

  • 置換

:%s/before/after/g ファイル上の全ての”before”を”after”に置換
:s/before/after/g カーソルの行の全ての”before”を”after”に置換
:10,20s/before/after/g 10~20行目の全ての”before”を”after”に置換
:'<,’>s/before/after/g ビジュアルモードで選択中の範囲の全ての”before”を”after”に置換

()の置換文字は\1。 e.g. :%s/(“文字”)/h(\1)/ => h(“文字”)

vim置換 – Qiita

  • コマンド実行

:! シェルコマンドの実行 e.g. :!pwd
:r! コマンドを実行し,その結果を挿入 e.g. :r!pwd
:shell シェルを呼び出す。exitなどでシェルを抜ければviに戻る

  • 保存 / ctrl+s

:w 上書保存
:w <ファイル名> 編集中のデータを<ファイル名>のファイルに保存
:q 終了
:wq 保存して終了
:q! 保存せず終了

  • 強制終了

ctrl+z: 抜ける(終了する)
ノーマルモードでctrl+z: 抜ける

:h ヘルプ表示

感想

やっぱatomの方が便利感ありますね今のところは。

まず、いちいちコマンドモードにしないと大概の操作ができないっていうのがまず拒絶反応です。
今回見つけたvimrcでマウスカーソル操作とかコピペとかのショートカットキーが使えるようになったので結構救われましたが…

ctrl+ / ctrl+shift+ / っていうショートカットキーに慣れてしまっていると、その前に ctrl+[ しなきゃいけないっていうのが…。

色々できるっていうのは良いと思うんですけど…簡単な操作はワンキーでできる方がいいですよね……。

プロジェクト管理なんかもできるにはできるみたいですが、面倒そう…。そもそもそういうのを設定するまでに数日/数週間かかるっていうのが…きついでしょ。

まぁ今回はrmateが使えないvirtualboxのための取り急ぎの策としてだったので、notepadくらいの機能が実装できれば十分なのでいいでしょう。

実装したいこと

今のvim環境に足りないなぁって思うところを挙げてみました。

  • 複数行の入力ができない : あれ…なんていうんでしたっけ。x形入力。漢字読めない。アレができない。できるんでしょうけどやり方が今の所わからない。
  • 同一文字列の選択: atomだと、文字列選択状態でctrl+dで同じ文字列を選択してくれます。こういう機能がほしいんだけど…ないよなぁ。あっても見つけるまでに* 1年くらいかかりそうです。これができると結構便利で…。
  • プロジェクト管理 ファイルの検索+開く : atomだとctrl+tでできるアレ。たぶん調べればできるようになると思いますが。…できてほしい。

ここまでatomに依存してしまっているので、いっそatomをそのままvimに移してほしいんですけど…先程のvimrcは使えませんでしたし…時間が解決してくれるのを待つのが一番でしょうか。

rmate remote-atomでSSHしながら直接ファイル編集する。


お困りですか?この記事で紹介していることをマンツーマンで指導、解説、代行します。まずはお気軽にお問い合わせください。


Close Menu