機能 ショートカットキー
リファレンス(参考URL)一覧へ移動 R
記事URLをMarkDownとしてコピー Ctrl+M
前のコードタグへ移動 Ctrl+←
次のコードタグへ移動 Ctrl+→
ヘルプを表示・非表示 H
Tips
- ショートカットキーは記事上で有効です。ヘッダー/フッター付近では機能しないことがあります。
- コードタグ移動機能がうまく動かないときは、Shift+F5でページを更新してみてください。
- このウィンドウを閉じるには、Hキーをもう一度押してください

AHK Autohotkey #If GetKeyState の使い方

プログラミング

Autohotkeyで#If GetKeyStateが使えると、このキーを押しながら…という操作を加えることができるため、ホットキーの登録数を格段に増やすことができます。

つまり、いままでは無変換キー+a~zやctrl+alt+a~zキー、少し押しにくくなりますがF1+a~z、など、ファンクションキーを含めても2030通りしかホットキーが登録できなかったのが、#If GetKeyStateを使うことで、全てのキーを最初に押しながら~という操作ができるようになり、+8030通り以上のホットキーが登録できるようになるわけです。しかも押しやすい。バグらない。

では、コードです。

注意点として、2点。

  1. READMEの通り、”a”をプレスしながら、“spaceキー”を押して、”ee”と入力することでEvernoteをアクティブウィンドウできます。
  2. ウィンドウをアクティブにするものなので、ウィンドウは予め起動して最小サイズにしておかないと動いてるのかわかりません
  3. リモートデスクトップしている場合は、ホストPCでスクリプトが発動してしまいます。(Googleリモートデスクトップの場合)
F1::Reload
; /*

/*

# README
## usage

 GetKeyState("a", "P")
 when while "a" downning,
    space+c+c key -> windows minimize.(close.)

*/

+Space::
    send, {U+0020} ;{space}
    ; send, {U+002D} ;"_"
Return


#If GetKeyState("a", "P")

        ;;evernote
        :*:ee::
        WinActivate, ahk_exe Evernote.exe
        WinWaitActive, ahk_exe Evernote.exe
        return

        ;;search
        :*:ss::
        WinActivate, ahk_exe Everything.exe
        WinWaitActive, ahk_exe Everything.exe
        return

        ;;foobar2000
        :*:ff::
        WinActivate, ahk_exe foobar2000.exe
        WinWaitActive, ahk_exe foobar2000.exe
        return

        ;;google translate
        :*:tt::
        WinActivate, ahk_exe QTranslate.exe
        WinWaitActive, ahk_exe QTranslate.exe
        return

#If

この記事で欲しい情報が見つからなかった方へ

この記事の更新情報がある場合があります。
この記事は以下の記事とも関連性があると思われます。

sinatraとautohotkeyでスマホからWindowsを遠隔操作する
tasklistでAutoHotkeyのプロセスが見当たらない場合
AutoHotkey もしミュートなら、ミュートを解除する
autohotkeyを使ってショートカットキーでミュートにする
autohotkeyスクリプトをコマンドラインから実行する
【Windows 10】Autohotkeyで目覚ましアラームアプリを作る
Autohotkeyで会員登録フォームのメアド・パスワード入力を一瞬で!


管理人の方針で、既存の記事の編集はせず、新しい情報や大きな既存情報の更新があった場合には、新しい記事として公開することになっています。
当記事で欲しい情報が見つからなかった・解決に至らなかった場合、これらのリンクがお役に立てるかも知れません。

どうやってこの関連記事を生成しているの?
この機能のPHPソースコード(2500行)

コメントを残す

Close Menu