機能 ショートカットキー
リファレンス(参考URL)一覧へ移動 R
記事URLをMarkDownとしてコピー Ctrl+M
前のコードタグへ移動 Ctrl+←
次のコードタグへ移動 Ctrl+→
ヘルプを表示・非表示 H
Tips
- ショートカットキーは記事上で有効です。ヘッダー/フッター付近では機能しないことがあります。
- コードタグ移動機能がうまく動かないときは、Shift+F5でページを更新してみてください。
- このウィンドウを閉じるには、Hキーをもう一度押してください

Railsがどういうふうにページを表示するかっていう話。: rails g controller

プログラミング
// config/routes.rb
get 'userinfo/index'

まず、これがどういう意味かというと、userinfo/index、もっというと、http://localhost:3000/userinfo/index にアクセスすると反応するよって意味なのですが、このURLに表示されるのは、色々なスクリプトのフィルターを通して出来たものになります。

// app/controllers/userinfo_controller.rb
def index
  @var = 'hello.'
end

例えば、そのURLにページが表示される前に、アクションと呼ばれるものを適用します。
このアクションをまとめて、コントローラーと言うみたいです。

ではこのアクションに何を書くかと言うと、いわゆるRubyスクリプトを書くところです。
プログラムを書くところですね。
普段ローカルで作業する際には、1つのプロジェクトやツールを作る際に、それなりにコードをかくと思います。
そういったRubyコードを、このアクションに書きます。

そうしてコードから最終的に出力されたデータ、欲しかったデータを、何らかのインスタンス変数に入れておきます。

あとで説明する、データベース…ここではモデルといいますが、このモデルの操作をするのもここでやります。というかやるべき、っていうだけです。そっちのほうが分かりやすい・読みやすいから、らしいです。

// app/views/userinfo/index.html.erb
<h1>Userinfo#index</h1>
<p>Find me in app/views/userinfo/index.html.erb</p>
<%= @var %>

そうして、最後に、URLはこのファイルを通過します。
このファイルはERBファイルという、特殊なHTMLファイルです。

このファイルがほぼそのまま、ウェブページ、つまり、1番最初に出てきたuserinfo/indexに表示されます。

ここでは、さっきアクションでさり気なく定義していた、@varを、HTMLの中にテキストとして出力するようにしています。

で、ここまでの作業は手動でやるのか、というと、ここがRailsの使い所で、

rails g controller USERINFO index

このコマンド1つで、フォルダ・ファイル・コードを作成してくれます。

上の例で、違うところは、僕が追記する形で書き加えた、@var = 'hello.'のみです。

この記事で欲しい情報が見つからなかった方へ

この記事の更新情報がある場合があります。
この記事は以下の記事とも関連性があると思われます。

Ubuntu 16.04 Rails 5にpostgresSQLをセットアップ
RailsのpostgreSQLにローカルネットワーク(LAN/外部)から接続したい
Rails 5 現在のビューの絶対パス/相対パスを出力
Rails 5 Missing host to link to! Please provide the :host parameter, set default_url_options[:host], or set :only_path to true
Rails Ahoy
Railsで挫折しないためのRailsの学習の進め方
Rails ポート3000以外でサーバーを実行`rails s`したい


管理人の方針で、既存の記事の編集はせず、新しい情報や大きな既存情報の更新があった場合には、新しい記事として公開することになっています。
当記事で欲しい情報が見つからなかった・解決に至らなかった場合、これらのリンクがお役に立てるかも知れません。

どうやってこの関連記事を生成しているの?
この機能のPHPソースコード(2500行)

コメントを残す

Close Menu