機能 ショートカットキー
リファレンス(参考URL)一覧へ移動 R
記事URLをMarkDownとしてコピー Ctrl+M
前のコードタグへ移動 Ctrl+←
次のコードタグへ移動 Ctrl+→
ヘルプを表示・非表示 H
Tips
- ショートカットキーは記事上で有効です。ヘッダー/フッター付近では機能しないことがあります。
- コードタグ移動機能がうまく動かないときは、Shift+F5でページを更新してみてください。
- このウィンドウを閉じるには、Hキーをもう一度押してください

virtualboxでWindows 10の仮想環境を構築する

プログラミング

Windows 10用プログラムのウィルスの検証とか、危険性、セキュリティ的に、仮想環境があれば便利かなーと思い、仮想環境を探していたら、どうやらvirtualboxでも
widnwos 10が動くようです。

ref:

How to install Windows 10 in a virtual machine – ExtremeTech

ISOをダウンロード

プログラミング

Windows 10 ISOファイルをダウンロードしておきます。

virtualbox側の設定

プログラミング

新規で仮想環境を作ります。新規 > windows 10 64bitを選択します。

メモリと容量の設定は適当で大丈夫です。当然、要領は30GB程度は最低でも必要なので、60GB以上あれば問題ないかと思います。メモリも同様、2GB程度は欲しいですね。

で、ISOファイルを定義します。設定 > ストレージ から、CDアイコン、光学ドライブの追加をクリック。ダウンロードしたwindows10のISOファイルを選択します。

参考サイトでは、設定 > ディスプレイの3D and 2D accelerationについて書いてありますが、これは…よくわかりません。僕の場合ですが、これを2つチェックして開始すると、バグりました。ここは無視していいかと思います。いまんところは困った事態も起こっていませんし。

では、設定が終わったら仮想マシンを開始します。

Windowsのインストール

プログラミング

基本的に、windowsのインストールは次へ連打で大丈夫です。

カスタムインストールを選択します。パーティション設定とか求められますが、次へを押してしまって大丈夫です。

VirtualBox guest additionsのインストール

プログラミング

windowsが開いたら、最後に、VirtualBox guest additionsをインストールする必要があります。

上部メニューのデバイス > ゲストアディションの追加 から、ゲストアディションディスクを追加します。
エクスプローラを開き、PCへ移動すると、VirtualBox guest additionsと書いてあるディスクイメージがあるので、クリックして、中身を表示します。
中にある64bitのexeファイルをクリックで起動。後は手順に沿ってインストールしていき、最後に再起動すると、VirtualBox guest additionsのインストールは完了です。

基本操作

プログラミング

HOST + Fキーで全画面表示できます。
HOSTキーはwindowsキーのことではなく、基本的には右ctrlキーです。
全画面表示解除もHOST+Fです。
全画面状態でHOST+HOMEキーで、virtualboxのメニューを表示することもできます。

この記事で欲しい情報が見つからなかった方へ

この記事の更新情報がある場合があります。
この記事は以下の記事とも関連性があると思われます。

PsExecでPowershell経由でリモートからWindowsのアプリを起動/実行する
androidとwindowsのクリップボードを同期するツールが想像以上に良かった
Ubuntu(or 以外)からWindowsへSSH
windows 10のシェア(共有)フォルダをubuntu16.04でマウント(同期)する
うるさいwindows 10の音を消す方法
Windows 10 HOMEではNFSクライアントを利用できないらしい。
Bash on Windows(WSL)の出力をクリップボードにコピーする


管理人の方針で、既存の記事の編集はせず、新しい情報や大きな既存情報の更新があった場合には、新しい記事として公開することになっています。
当記事で欲しい情報が見つからなかった・解決に至らなかった場合、これらのリンクがお役に立てるかも知れません。

どうやってこの関連記事を生成しているの?
この機能のPHPソースコード(2500行)

コメントを残す

Close Menu