virtualboxでWindows 10の仮想環境を構築する

    >


Windows 10用プログラムのウィルスの検証とか、危険性、セキュリティ的に、仮想環境があれば便利かなーと思い、仮想環境を探していたら、どうやらvirtualboxでも
widnwos 10が動くようです。

ref:

How to install Windows 10 in a virtual machine – ExtremeTech



ISOをダウンロード

Windows 10 ISOファイルをダウンロードしておきます。

virtualbox側の設定

新規で仮想環境を作ります。新規 > windows 10 64bitを選択します。

メモリと容量の設定は適当で大丈夫です。当然、要領は30GB程度は最低でも必要なので、60GB以上あれば問題ないかと思います。メモリも同様、2GB程度は欲しいですね。

で、ISOファイルを定義します。設定 > ストレージ から、CDアイコン、光学ドライブの追加をクリック。ダウンロードしたwindows10のISOファイルを選択します。

参考サイトでは、設定 > ディスプレイの3D and 2D accelerationについて書いてありますが、これは…よくわかりません。僕の場合ですが、これを2つチェックして開始すると、バグりました。ここは無視していいかと思います。いまんところは困った事態も起こっていませんし。

では、設定が終わったら仮想マシンを開始します。

Windowsのインストール

基本的に、windowsのインストールは次へ連打で大丈夫です。

カスタムインストールを選択します。パーティション設定とか求められますが、次へを押してしまって大丈夫です。

VirtualBox guest additionsのインストール

windowsが開いたら、最後に、VirtualBox guest additionsをインストールする必要があります。

上部メニューのデバイス > ゲストアディションの追加 から、ゲストアディションディスクを追加します。
エクスプローラを開き、PCへ移動すると、VirtualBox guest additionsと書いてあるディスクイメージがあるので、クリックして、中身を表示します。
中にある64bitのexeファイルをクリックで起動。後は手順に沿ってインストールしていき、最後に再起動すると、VirtualBox guest additionsのインストールは完了です。

基本操作

HOST + Fキーで全画面表示できます。
HOSTキーはwindowsキーのことではなく、基本的には右ctrlキーです。
全画面表示解除もHOST+Fです。
全画面状態でHOST+HOMEキーで、virtualboxのメニューを表示することもできます。



お困りですか?この記事で紹介していることをマンツーマンで指導、解説、代行します。まずはお気軽にお問い合わせください。


関連するかもしれない記事

Windows 10バックアップアップソフトのEaseUS Todo Backup Homeがめっちゃいい
WSL bashからWindows 10のクリップボード履歴を正規表現検索する(SQL)
Windowsの音や音楽をandroidに転送する方法
virtualboxのWindows 10でフォルダがマウントされていない場合
WSL(Windows Subsystem for Linux)を初期から使っている僕がLinuxやプログラミングの初心者向けにWSLのメリットを解説してみる
PsSuspendでWindows上のプロセスをサスペンド
Ubuntu VPS -> WSL -> Windows X11フォワーディングでグラフィカルウィンドウアプリを開く


Close Menu