PHP Apacheを起動する方法はいくつかあるので注意しておきたいって話

    >


https://yuis.xsrv.jp/images/ss/ShareX_ScreenShot_ae606107-4d7b-4ed9-8714-34ba7cc93cfb.png

PHPなどのサーバーとしておなじみapacheの起動方法はいくつかあります。ディストリビューションとかバージョンによって変わるようです。

/etc/init.d/apache2 status
systemctl status apache2
apache2ctl status

sudo /etc/init.d/apache2 status
sudo systemctl status apache2
sudo apache2ctl status

上記6つが基本的なapacheコマンドの通し方です。

ubuntu 16.xxのWSL bashであれば、sudo /etc/init.d/apache2 statusとなります。

使用時はstatusrestart,stop,startに置換してください。

気をつけましょう。

apacheのインストールは以下。

Ubuntu 16.04にApacheでPHP7.0のローカル開発環境を構築

WSL WSL bash on ubuntu on windows インストール手順
WSL(Windows Subsystem for Linux)を初期から使っている僕がLinuxやプログラミングの初心者向けにWSLのメリットを解説してみる



お困りですか?この記事で紹介していることをマンツーマンで指導、解説、代行します。まずはお気軽にお問い合わせください。


Close Menu