データはCSVなどの既存形式を使って実装を楽にする

    >


前はオリジナルの書き方でデータをファイルに記述していたのだが,そういうのは辞めといたほうが良いという話.当たり前の話だが大事なこと.
データはオリジナルではなく,csvやyaml,jsonなどを使うようにしよう.



csv,yaml,xmlなどを使ってテキスト記述するメリット

  • 自前で実装するコストの削減
    既存形式が活用できるならそっちのが良い.

  • 既存形式なのでユーザビリティも良い
    既存の形式なので,githubなどで公開してもよく使ってもらえる.オリジナルの形式だと,まずそれを勉強してもらわなくちゃならない.

  • パーサーが充実している
    これが一番のメリットだ.
    また,それらのパーサーはエスケープなども考慮されており、バグがでずらいものになっていることが多い.
    そういったものを自分で作ろう,オリジナル形式に対応させようとすると難しい部分が出てくる.

  • 既存形式なのでインポート・エクスポートやアプリ提携がし易い
    パーサー以外のメリットとして,インポート,エクスポートなどの機能も実装しやすい,ということがあげられる.

ファイル形式を探そう

色々なファイルの記述形式があるので,色々探してみるといい.(おすすめのファイル形式とかあったら教えてください)



お困りですか?この記事で紹介していることをマンツーマンで指導、解説、代行します。まずはお気軽にお問い合わせください。


Close Menu