Windowsの神ツールcliborとautohotkeyを共存させる

    >

cliborとautohotkeyの障壁

クリップボードに格納してペーストするスクリプトを実行させると、cliborのクリップボードに反映されてしまうことがある。
sleepを設定するとcliborに反映されてしまう(クリップボードが汚染されてしまう)し、設定しなかったら既存の一番最初のクリップデータが挿入されてしまう事態が頻出する。

→クリップボード変数をペーストするより先にclipboardallが読み込まれてしまうため。

cliborでクリップ間隔を設定

そこで対策として、cliborでクリップするまでの時間間隔を設定する。

cliborアイコンを右クリックし、
設定 > クリップボード > 更新
で間隔を設定できる。

デフォルトでは200msになっているが、1000ms程度にしてしまっていいだろう。=1秒


お困りですか?この記事で紹介していることをマンツーマンで指導、解説、代行します。まずはお気軽にお問い合わせください。


関連するかもしれない記事

PsSuspendでWindows上のプロセスをサスペンド
Ubuntu VPS -> WSL -> Windows X11フォワーディングでグラフィカルウィンドウアプリを開く
Windows 環境変数設定をコマンドから開く
bashからwindowsのユーザー名を出力する
UbuntuでWindowsのタスクマネージャーみたいなコマンド
Ruby windowsのソフトウェアを外部コマンドから開く・起動する
WindowsにCicaフォントをインストールしてconemuのWSL bashで使えるようにする


Close Menu