treeコマンドで使える便利なオプション

    >


ディレクトリ構造を説明したりする際に便利なtreeですが、フォルダを取り除いたり、ファイル名を正規表現で指定したりもできるみたいなのでそこらへんを紹介したいと思います。

-f: フルパスで表示
-I: フォルダを除外
-P: ファイル名を正規表現で指定



使用例

yuis@DESKTOP-PS5DVT5:/mnt/c/google_drive/note$ tree
.
├── everything_dev.html
├── everything_note.md
├── everything_note.md.bak
├── everything_note[競合].md
├── latex.html
├── latex.tex
├── player_mp3_multi.swf
├── share.md
├── share - コピー.md.txt
├── test1.flac
├── test2.mp3
├── test3.mp3
├── tmp.md
└── _trash_
└── find.sh

yuis@DESKTOP-PS5DVT5:/mnt/c/google_drive/note$ tree -I "_trash_|node_modules" -P "everything_*" .
.
├── everything_dev.html
├── everything_note.md
├── everything_note.md.bak
└── everything_note[競合].md

0 directories, 4 files



お困りですか?この記事で紹介していることをマンツーマンで指導、解説、代行します。まずはお気軽にお問い合わせください。


Close Menu