AutoHotKey

Autohotkeyでファイルにログをする方法・やり方

プログラミングではコンソールやファイルにログをすることはデバッグや記録など、多くの場合で重宝される基本的な手法の一つです。ただしAutohotkeyではターミナル上でのログや、デフォルトでのファイルログの関数、メソッドがありませんので、少し工夫してログを実装する必要があります。

autohotkeyでファイルにログをします。

https://yuis.xsrv.jp/images/ss/ShareX_ScreenShot_f22edc11-161a-4422-ac16-0d38f489977a.gif

; C:\pg\autohotkey\env.ahk

LOG_FILE := "C:\pg\autohotkey\log.txt"

#include C:\pg\autohotkey\env.ahk

log(text){

  global LOG_FILE

  FileAppend , %text%`n , %LOG_FILE%

}
log("foobar")

globalでログファイルパスの変数を関数内で使用できるようにしているところと、”%text%`n”でログに改行を加えているところが肝。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です