プログラミング

Flutterアプリをビルドするには

Flutterアプリをビルドし、iPhoneやAndroidスマホでアプリとして実行、テストすることができるようにします。

bundletoolをダウンロード

まず、ダウンロードがまだの場合にはJavaのbundletoolをダウンロードします。

Release 1.4.0 · google/bundletool

ビルド設定の確認

前準備として、以下の各項目について確認をしておきます。

Reviewing the app manifest
located in /android/app/src/main e.g. android:label e.g. android.permission.INTERNET

マニフェストファイルをレビューしましょう。例えばほとんどのアプリにおいて、インターネットを使用可能にするパーミッション、android.permission.INTERNETが不可欠であるとされています。

Reviewing the build configuration
build.gradle, located in /android/app e.g. applicationId, versionCode & versionName, minSdkVersion, compilesdkVersion, & targetSdkVersion

ビルド設定についてレビューしましょう。例えば、applicationId, versionCodeなどが正しい値になっているか、などです。

(参考)

Build and release an Android app – Flutter

(ビルド) apks, aabファイルの生成

Flutterからアプリをビルドする方法には2つあります。
まず、よりモダンな方法として、apks, aabです。
次に、レガシーな方法として、apkをビルドする方法があります。

apks, aabをビルド

apks, aabをビルドする手順です。

ディレクトリをプロジェクトへ移動します。

cd C:\pg\flutter\tmpapp\flutter_application_2\

プロジェクトをクリーンすることを忘れずに。

flutter clean

apksファイルをビルドします。

flutter build appbundle

先程ダウンロードしたbundletoolをここで使用します。
apksファイルをビルドします。

java -jar C:\pg\_android\bin\bundletool-all-1.4.0.jar build-apks --bundle="build\app\outputs\bundle\release\app-release.aab" --output=./tmp.apks

apksファイルをデバイスへデプロイし、実行可能にします。
ここまででエラーが出なければ、この時点で、デバイスからアプリが選択、実行できるようになっているはずです。

java -jar C:\pg\_android\bin\bundletool-all-1.4.0.jar install-apks --apks=./tmp.apks --device-id BH901B6F5L

apkをビルド

apkをビルドする手順です。

最初に、プロジェクトをクリーンすることを忘れずに。

flutter clean

apkファイルをビルドします。

flutter build apk

ビルドしたapkファイルは手動でデバイスにデプロイする必要があります。
僕はローカル環境にウェブサーバーを立て、そこからスマホからapkファイルをダウンロード、起動する方法を取っています。
Githubなどで配布する場合にもapkが便利なように思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です