プログラミング

FlutterをWindows 10にインストールするには

FlutterではAndroidやiPhoneのスマートフォンアプリケーションの開発をよりシンプルかつ効率的に進めていくことができます。
Javaとandroid studioを利用しての旧来的なアプリ開発に比べ、プログラミング、スマートフォンアプリ開発初心者にとって学びやすく、参入の敷居の低い技術となっています。

Flutter SDKをインストール

https://flutter.dev/docs/get-started/install/windows#get-the-flutter-sdk

ダウンロードしたファイルを展開した後、中に入っているflutter\binフォルダをパスに追加します。

その後、ターミナルエミュレーターやcmd、powershellを再起動し、”flutter”コマンドが実行できることを確認してください。

flutter doctorコマンドを実行することで、インストールが正常に完了しているかどうかを検証することができます。

Androidエミュレーターを設定、立ち上げる

Android開発をするために、Androidエミュレーターを立ち上げテストを行います。
Androidエミュレーターはandroid studioにパッケージされているので、android studioをインストールしていない場合はインストールを先に行ってください。

android studio > Configure > AVD Manager からAVD managerを起動し、エミュレーターを作成します。
エミュレーターの設定では、”Emulated Performance”を”Hardware – GLES 2.0″にしていることを確認してください。

その後、flutter devicesコマンドでデバイスが認識されているかどうかを確認します。

以上でインストールは完了です。

なお、Flutterでのアプリ開発ではVS codeをIDEとして使用した開発が推奨されています。
Flutterアプリの作成、ビルドおよびデバッグまでをコンスタントに行い、開発効率を向上することができます。
VS codeでのFlutter開発の環境構築および使用方法については詳細記事を書いています。当ブログの検索機能を利用してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です